【ジュネーブモーターショー16】ボルボ V40 に2017年型、表情一新

自動車 ニューモデル 新型車

ボルボ V40 の2017年型
  • ボルボ V40 の2017年型
  • ボルボ V40 の2017年型
  • ボルボ V40 の2017年型
  • ボルボ V40 の2017年型
  • ボルボ V40 の2017年型
  • ボルボ V40 の2017年型
スウェーデンのボルボカーズは2月24日、『V40』の2017年モデルの概要を明らかにした。実車は3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー16で初公開される。

初代V40は1995年、4ドアセダンの『S40』のワゴン版として登場。生産は三菱自動車との合弁会社で、オランダのネッドカーで行われた。2004年、2代目への移行を機に、V40は『V50』へネーミングを変更。V40の名前は、いったん消滅した。

ボルボカーズは2012年春、ジュネーブモーターショー12において、新型『V40』を発表。8年ぶりの復活となった新型V40は初代のステーションワゴンから、5ドアハッチバックにボディタイプを変更。BMW『1シリーズ』やアウディ『A3スポーツバック』など、プレミアムコンパクトカー市場に参入し、成功を収めている。

この現行V40が、デビューから4年を経て、ジュネーブモーターショー16で初の大幅改良を受けて、2017年モデルに進化する。外観はフロントを中心にフェイスリフト。ヘッドライトは、『XC90』や『S90』、『V90』の最新「90シリーズ」と共通イメージに変更。グリルも、メッシュの新デザインとした。

室内は、ダッシュボードなどのトリムパネルに、ミルドアルミ、ブラックグリッドアルミ、ステルスアルミを新設定。ドアのアクセントトリムには、ステッチがあしらわれる。オプションで、ブラックのルーフライナーやチャコール&ブロンド色のステアリングホイールが選択可能。

欧州仕様のパワートレインは、ガソリンとディーゼルの複数ユニット。中でも、ディーゼルの「D2」のMTは、CO2排出量89g/kmの優れた環境性能を実現している。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品