人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ボストン・ニューヨークに就航…TAPポルトガル航空が米国路線を拡充へ

航空 企業動向

TAPポルトガル航空は6月11日からボストン=リスボン線、7月1日からニューヨーク(JFK)=リスボン線を開設し、週7往復のデイリー運航を開始する。

TAPは夏ダイヤにポルトガルと米国を結ぶ路線の強化を図る。マイアミ=リスボン線、ニューアーク=リスボン線は週7往復に増便し、ニューアーク=ポルト線は週2往復で運航する。また、米国路線の拡充決定に伴い、ジェットブルー航空とパートナーシップ協定を結び、ボストンやニューヨークにおける乗り継ぎ利便性の向上も狙う。

ボストン=リスボン線のフライトスケジュールは次の通り。TP0218便はボストンを19時45分に出発し、リスボンに翌日7時20分に到着。TP0217便はリスボンを14時25分に出発し、ボストンに17時に到着する。機材は6月に受領予定のエアバスA330新造機。

ニューヨーク=リスボン線のフライトスケジュールは次の通り。TP0208便はニューヨークを23時30分に出発し、リスボンに翌日11時30分に到着。TP0209便はリスボンを17時に出発し、ニューヨークに20時に到着する。機材は3クラス271席のA330新造機。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 川崎重工の創立120周年記念展…三式戦「飛燕」を展示 10月15日から

    川崎重工の創立120周年記念展…三式戦「飛燕」を展示 10月15日から

  2. JAL、東京=ニューヨーク線就航50周年を記念して特別機内食を提供

    JAL、東京=ニューヨーク線就航50周年を記念して特別機内食を提供

  3. KLMオランダ航空、7機目のボーイング 787 型機を受領

    KLMオランダ航空、7機目のボーイング 787 型機を受領

  4. エティハド航空、UAE人従業員の過半数が女性…超大型機の副操縦士も

  5. バニラエア、搭乗キャンセルに手数料を請求へ…旅客・保安サービス施設使用料など

  6. 川崎重工、C-2 輸送機の量産初号機を航空自衛隊に納入

  7. ANA、2016年ボジョレー・ヌーヴォーの予約受付…解禁日に搭乗客に提供

  8. ANA、50機目となるボーイング787型機を受領へ

  9. リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

  10. U-125墜落、標高の誤認識が原因…航空自衛隊

アクセスランキングをもっと見る