【ジュネーブモーターショー16】三菱自動車、テーマは「SUVと電気の力で一歩先へ」 | レスポンス(Response.jp)

【ジュネーブモーターショー16】三菱自動車、テーマは「SUVと電気の力で一歩先へ」

自動車 ニューモデル モーターショー

三菱 eX コンセプト
  • 三菱 eX コンセプト
  • L200 GEOSEEK コンセプトとASX GEOSEEK コンセプト
三菱自動車は、3月1日から13日まで開催される「ジュネーブモーターショー」に「Driving Beyond SUVと電気の力で、一歩先へ。」をテーマに出展、次世代EVシステムを採用したコンパクトSUV『三菱 eX コンセプト』を欧州初披露する。

三菱 eX コンセプトは、SUV市場に向けて三菱自動車が提案する電気自動車のコンパクトSUVだ。エネルギー密度を大幅に向上させた第2世代バッテリーと前後それぞれに配した小型・高出力モーターなどで構成する次世代EVシステムを搭載し、航続距離400kmを実現。さらに、電動化技術と四輪制御技術、コネクティッドカー技術と予防安全技術を組み合わせた自動運転技術などを採用する。

デザインでは、コンパクトSUVにシューティングブレークのもつ上質さとクーペスタイルを融合させ、キビキビと街を疾走するスポーツクロスオーバースタイルを提案する。

また、アウトドアレジャーシーンに映えるドレスアップを施したコンセプトカー『L200 GEOSEEK コンセプト』『ASX GEOSEEK コンセプト』を世界初披露するほか、フェイスリフトした2017年モデルの『ASX』(日本名:RVR)など、合計13台を出品する。

さらに、プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』は、PHEVシステムとツインモーター4WDの技術特長を紹介するシャシーモデルや、駆動用バッテリーから住宅などへの電力供給をイメージした展示を行い、電動車としてのメリットを分かりやすくアピールするほか、三菱自動車の電気自動車研究・開発の50周年を記念し、これまでの研究・開発の歴史や普及に向けての取り組みについても紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品