【シカゴモーターショー16】キア オプティマ 新型にPHV、ハイブリッドと同時発表

自動車 ニューモデル モーターショー

新型 キア オプティマ プラグイン ハイブリッド
  • 新型 キア オプティマ プラグイン ハイブリッド
  • 新型 キア オプティマ プラグイン ハイブリッド
  • 新型 キア オプティマ プラグイン ハイブリッド
  • 新型 キア オプティマ プラグイン ハイブリッド
  • 新型 キア オプティマ プラグイン ハイブリッド
韓国キアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は2月11日、米国で開幕したシカゴモーターショー16において、新型『オプティマ プラグイン ハイブリッド』を初公開した。

同車は、キアの主力中型セダン、『オプティマ』新型のプラグインハイブリッド車(PHV)。シカゴモーターショー16では、新型『オプティマ ハイブリッド』も同時初公開。新型では、先代にはなかったPHVが、初設定されている。

PHVパワートレインのエンジンは、新型オプティマ ハイブリッドと共通。直噴2.0リットル直列4気筒ガソリン「GDI」エンジンは、最大出力154hpを発生する。

モーターは最大出力68hpと、新型オプティマ ハイブリッドの52hpに対して、16hp強化。ニ次電池のリチウムポリマーバッテリーの蓄電容量も、新型オプティマ ハイブリッドの1.62kWhから、9.8 kWhへ大容量化された。

この効果もあって、新型オプティマ プラグイン ハイブリッドはEVモードで、最大43kmのゼロエミッション走行を実現。エンジン駆動と合わせて、燃料満タンで最大965kmの航続距離を可能にする。

バッテリーの充電は、120Vソケットでおよそ9時間。240Vソケットなら、3時間以内に完了する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. BMW 330e に創立100周年記念モデル、ブルーとホワイトの世界観を表現

    BMW 330e に創立100周年記念モデル、ブルーとホワイトの世界観を表現

  2. 史上最強の626馬力!? BMW M5 次世代型をスクープ

    史上最強の626馬力!? BMW M5 次世代型をスクープ

  3. 【ニュル24時間 2016】トヨタの新型クロスオーバー、C-HR …完走果たす

    【ニュル24時間 2016】トヨタの新型クロスオーバー、C-HR …完走果たす

  4. ホンダの新型燃料電池車 クラリティ、EVとPHVの派生が決定

  5. レクサス、高出力燃料電池車を市販へ…2020年ごろ

  6. マツダ アクセラ、改良新型モデルの画像がリーク

  7. マツダ CX-9 新型、米メディアがテスト[動画]

  8. マクラーレン 688 HS、海外メディアがリーク… 688馬力か

  9. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

  10. マツダ RX-7、次世代ロータリーエンジン搭載で2017年に復活か!?

アクセスランキングをもっと見る