【シカゴモーターショー16】キア オプティマ 新型にPHV、ハイブリッドと同時発表

自動車 ニューモデル モーターショー

新型 キア オプティマ プラグイン ハイブリッド
  • 新型 キア オプティマ プラグイン ハイブリッド
  • 新型 キア オプティマ プラグイン ハイブリッド
  • 新型 キア オプティマ プラグイン ハイブリッド
  • 新型 キア オプティマ プラグイン ハイブリッド
  • 新型 キア オプティマ プラグイン ハイブリッド
韓国キアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は2月11日、米国で開幕したシカゴモーターショー16において、新型『オプティマ プラグイン ハイブリッド』を初公開した。

同車は、キアの主力中型セダン、『オプティマ』新型のプラグインハイブリッド車(PHV)。シカゴモーターショー16では、新型『オプティマ ハイブリッド』も同時初公開。新型では、先代にはなかったPHVが、初設定されている。

PHVパワートレインのエンジンは、新型オプティマ ハイブリッドと共通。直噴2.0リットル直列4気筒ガソリン「GDI」エンジンは、最大出力154hpを発生する。

モーターは最大出力68hpと、新型オプティマ ハイブリッドの52hpに対して、16hp強化。ニ次電池のリチウムポリマーバッテリーの蓄電容量も、新型オプティマ ハイブリッドの1.62kWhから、9.8 kWhへ大容量化された。

この効果もあって、新型オプティマ プラグイン ハイブリッドはEVモードで、最大43kmのゼロエミッション走行を実現。エンジン駆動と合わせて、燃料満タンで最大965kmの航続距離を可能にする。

バッテリーの充電は、120Vソケットでおよそ9時間。240Vソケットなら、3時間以内に完了する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

    フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

  2. ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

    ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

  3. フォーカス 史上最強のモンスター「RS500」、ニュルを駆ける

    フォーカス 史上最強のモンスター「RS500」、ニュルを駆ける

  4. ホンダ、新型フリード をホームページで先行公開

  5. GM、「ZR1」を再び商標登録…コルベット に最強版か

  6. ダッジ バイパー 生産終了へ…米国の代表的スポーツカー、25年の歴史に幕

  7. 【シボレー キャプティバ】多目的に使え、空間効率が高いのが優位

  8. スズキ スイフト 次期型か!? 試作車をキャッチ

  9. 日本発売も? ルノー メガーヌ 新型に初のセダン投入

  10. メルセデス Eクラス ワゴン 新型、3種類の個性[動画]

アクセスランキングをもっと見る