オートバックス、クムホ製専売タイヤをモデルチェンジ…低燃費タイヤ基準をクリア

自動車 ビジネス 国内マーケット

オートバックスセブンは、韓国・クムホ製のオートバックス専売タイヤを刷新、「eco SENSE SE11」として3月11日より、全国のオートバックスグループ店舗にて販売を開始する。

前モデル「SOLUS KH17」は、2010年4月に販売を開始し、手頃な価格帯ながら高い性能を持つタイヤとして、経済意識の高いユーザーから好評を得てきた。

新発売の「eco SENSE SE11」は、軽量かつ高剛性のベルトを採用したほか、コンパウンドの結合力を上げるS-SBR(溶液重合法スチレンブタジエンゴム)をさらに進化させた。転がり抵抗の低減と高いグリップ力を両立するだけでなく、優れた耐摩耗性能を確保。この結果、転がり抵抗性能「A」を獲得、低燃費タイヤ基準をクリアした。

また、従来のシリカより優れた分散性のシリカを採用。ゴムのしなやかさを確保し、路面との接地力を向上させることでウェットグリップ性能を従来品比で8%向上。これにより、ウェット性能「c」を獲得し、低燃費タイヤの基準をクリアした。

さらに、性能最適化のため2種類のリブパターンを設定。パターン剛性を向上させ、優れた操縦安定性とブレーキング性能を確保するとともに、静粛性と上質な乗り心地を実現している。

サイズは13インチから17インチまで、計13サイズをラインアップ。価格はオープン。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品