【鈴鹿の名“対決”】セナプロ因縁の接触(1)…1989年F1日本GP | レスポンス(Response.jp)

【鈴鹿の名“対決”】セナプロ因縁の接触(1)…1989年F1日本GP

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

「鈴鹿の名
  • 「鈴鹿の名
  • 「鈴鹿の名
  • 「鈴鹿の名
  • 「鈴鹿の名
  • 「鈴鹿の名
  • 「鈴鹿の名
  • 「鈴鹿の名
  • 「鈴鹿の名
鈴鹿でのF1日本GPでの名対決といえば、やはり「セナプロ対決」。この1989年は2人の確執が始まったシーズンだった。そして、チャンピオン決定の舞台となった鈴鹿での1戦は2人の確執を象徴し、さらに両者の溝を深めるレースとなった。

◆アイルトン・セナ vs アラン・プロスト

前年はF1史上最高コンビとして恐れられたセナとプロストが、89年はトップを争うがゆえに確執が生まれ、同じチームでも完全に分断された状態になっていた。

その中で迎えた日本GP。この年はプロストがリードしている状態でセナは逆転チャンピオンのために何としても優勝がほしいところ。予選から鬼神のような走りを見せポールポジションを奪う。しかし、決勝ではプロストが好ダッシュを決めトップで1コーナー。出遅れたセナも2位を死守し、ここから一進一退の攻防戦が始まっていく。

セナは何とか前に出ようと積極的に仕掛けていくが、相手は2度のチャンピオン経験を持つプロスト。セナのプレッシャーに全く動じずトップを死守していく。こう着状態が続いたまま47周目に突入。残り周回数も少ないことからセナは勝負に出てシケインでインを突く。ところがプロストも半ば強引にブロックし2台は接触してしまった。

◆アイルトン・セナ vs アレッサンドロ・ナニーニ

プロストはすぐにマシンを降りるが、ここで諦めるとチャンピオンの可能性がなくなってしまうセナはコースマーシャルの手を借りてコースへ復帰。しかし接触の影響でフロントウイングを破損し、緊急ピットイン。この間にアレッサンドロ・ナニーニ(ベネトン)がトップに浮上した。

F1初優勝に向け絶好チャンスが舞い込んできたナニーニだったが、セナも逆転チャンピオンのために優勝を諦めるわけにはいかない。残り5周になって、今度は「セナvsナニーニ」の緊迫したトップ争いが展開された。しかし勢いは圧倒的にセナが上回っており、残り3周のシケインでイン側へ飛び込みトップ奪還。そのまま53周を走りきりトップチェッカーを受けた。

ところが、プロストとの接触時にシケインを通過せずコースに復帰したことが審議され、結果セナは失格処分。ナニーニが思わぬ形で初優勝を手にした。


鈴鹿サーキットでは3月12・13日、「2016 モータースポーツファン感謝デー」が開催。今回のテーマは「対決」。様々なゲストや車両が登場し、バトルを繰り広げる。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品