ヒュンダイ世界販売、12.5%減の33万台、6か月ぶりに減少…1月

自動車 ビジネス 海外マーケット

新型ヒュンダイ ツーソン(米国仕様車)
  • 新型ヒュンダイ ツーソン(米国仕様車)
  • ヒュンダイ ソナタ
  • ヒュンダイ・エラントラ
韓国のヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は2月上旬、1月の世界新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は33万8035台。前年同月比は12.5%減と、6か月ぶりに前年実績を下回った。

海外では1月、28万8183台を販売。前年同月比は14.3%減と、6か月ぶりに減少した。その内訳は、海外生産分が10.9%減の21万5621台と、5か月ぶりのマイナス。輸出分は7万2562台で、前年同月比は22.8%減と、4か月連続で前年実績を下回る。

海外では、米国での新車販売が、回復。1月実績は、1月の新記録の4万5011台。前年同月比は1.1%増と、2か月ぶりに前年実績を上回った。

新型を投入したSUVの『ツーソン』が、前年同月の1.7倍の5218台と牽引。小型車の『エラントラ』は、5ドアハッチバックの『エラントラGT』と2ドアクーペを含めて、9885台を販売。前年同月比は19.3%減と、2か月連続で減少した。主力中型セダンの『ソナタ』は好調。1月は前年同月比23%増の1万5209台と、2か月連続の前年実績超え。SUVの『サンタフェ』シリーズは、前年同月比33.7%減の5139台と、3か月連続のマイナス。

地元韓国の新車販売は、後退。1月の韓国新車販売は4万9852台で、前年同月比は1.1%減と、8か月ぶりに前年実績を下回った。

ヒュンダイの2015年の世界新車販売は、496万4837台。前年比は0.03%増と微増だった。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

    日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  2. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  3. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

    三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  4. GMSと住友三井オートサービス、遠隔起動制御を活用した新サービス創出へ

  5. BMWの世界販売、メルセデスとアウディを抑える 6月

  6. 小学生が車を塗装…夏休みイベントをBASFがサポート

  7. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  8. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  9. スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

  10. アルパイン、最終赤字20億円…通期も下方修正 第1四半期決算

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら