【シカゴモーターショー16】キア オプティマ 新型にHV、燃費10%向上が目標

自動車 ニューモデル モーターショー

新型 キア オプティマ ハイブリッド
  • 新型 キア オプティマ ハイブリッド
  • 新型 キア オプティマ ハイブリッド
  • 新型 キア オプティマ ハイブリッド
  • 新型 キア オプティマ ハイブリッド
韓国キアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は2月11日、米国で開幕したシカゴモーターショー16において、新型『オプティマ ハイブリッド』を初公開した。

初代『オプティマ』は、2000年にデビュー。親会社のヒュンダイの『ソナタ』のプラットホームをベースに開発された中型セダン。2代目は2005年に登場。米国ではオプティマ、欧州では『マジェンティス』、韓国では『ロッツェ』のネーミングで販売されていた。

2010年のニューヨークモーターショー10では、3代目オプティマがデビュー。それから5年を経て2015年春、ニューヨークモーターショー15では、4世代目にモデルチェンジ。

今回、シカゴモーターショー16で初公開されたのは、新型オプティマベースのハイブリッド。ガソリンエンジンは、先代の2.4リットルから2.0リットル「GDI」にダウンサイズ。最大出力154hpを発生する。

モーターは最大出力52hp。システム全体では、193hpのパワーを引き出す。ニ次電池は、蓄電容量1.62kWhのリチウムポリマーバッテリー。キアは、「先代比で10%の燃費向上が目標」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  2. 【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

    【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

  3. VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

    VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】開発責任者「現行モデルの不満点をすべて直した」

  5. 【スカニア 新型発表】サステイナブルな未来へ進化する大型トラック

  6. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…独自のデザイン哲学を表現

  7. ブガッティの ビジョンGT、ガス欠…ゲームではない[動画]

  8. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  9. トヨタ、新型 プリウスPHV の国内発売を今冬へ延期

  10. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら