【シカゴモーターショー16】キア オプティマ 新型にHV、燃費10%向上が目標

自動車 ニューモデル モーターショー

新型 キア オプティマ ハイブリッド
  • 新型 キア オプティマ ハイブリッド
  • 新型 キア オプティマ ハイブリッド
  • 新型 キア オプティマ ハイブリッド
  • 新型 キア オプティマ ハイブリッド
韓国キアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は2月11日、米国で開幕したシカゴモーターショー16において、新型『オプティマ ハイブリッド』を初公開した。

初代『オプティマ』は、2000年にデビュー。親会社のヒュンダイの『ソナタ』のプラットホームをベースに開発された中型セダン。2代目は2005年に登場。米国ではオプティマ、欧州では『マジェンティス』、韓国では『ロッツェ』のネーミングで販売されていた。

2010年のニューヨークモーターショー10では、3代目オプティマがデビュー。それから5年を経て2015年春、ニューヨークモーターショー15では、4世代目にモデルチェンジ。

今回、シカゴモーターショー16で初公開されたのは、新型オプティマベースのハイブリッド。ガソリンエンジンは、先代の2.4リットルから2.0リットル「GDI」にダウンサイズ。最大出力154hpを発生する。

モーターは最大出力52hp。システム全体では、193hpのパワーを引き出す。ニ次電池は、蓄電容量1.62kWhのリチウムポリマーバッテリー。キアは、「先代比で10%の燃費向上が目標」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ホンダ、新型フリード をホームページで先行公開

    ホンダ、新型フリード をホームページで先行公開

  2. ダッジ バイパー 生産終了へ…米国の代表的スポーツカー、25年の歴史に幕

    ダッジ バイパー 生産終了へ…米国の代表的スポーツカー、25年の歴史に幕

  3. スズキ スイフト 次期型か!? 試作車をキャッチ

    スズキ スイフト 次期型か!? 試作車をキャッチ

  4. メルセデス Aクラス、次世代型はSUV風に進化する!?

  5. 【グッドウッド16】新型 アバルト124 スパイダー、ヒルクライムに出走

  6. VW ティグアン 新型にロング、ホワイトボディが見えた

  7. 【グッドウッド16】ランボルギーニ アヴェンタドール に「ミウラ」…名車の50周年記念車

  8. トヨタ パッソ 上質なスタイリング、その名はMODA[動画]

  9. 【グッドウッド16】メルセデス Cクラスクーペ、510馬力の「AMG 63」がヒルクライムに

  10. ライバルは CX-3 に ヴェゼル!? フォードの小型SUVが「スポーツ力」アップ

アクセスランキングをもっと見る