【シカゴモーターショー16】キア オプティマ 新型にHV、燃費10%向上が目標

自動車 ニューモデル モーターショー

新型 キア オプティマ ハイブリッド
  • 新型 キア オプティマ ハイブリッド
  • 新型 キア オプティマ ハイブリッド
  • 新型 キア オプティマ ハイブリッド
  • 新型 キア オプティマ ハイブリッド
韓国キアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は2月11日、米国で開幕したシカゴモーターショー16において、新型『オプティマ ハイブリッド』を初公開した。

初代『オプティマ』は、2000年にデビュー。親会社のヒュンダイの『ソナタ』のプラットホームをベースに開発された中型セダン。2代目は2005年に登場。米国ではオプティマ、欧州では『マジェンティス』、韓国では『ロッツェ』のネーミングで販売されていた。

2010年のニューヨークモーターショー10では、3代目オプティマがデビュー。それから5年を経て2015年春、ニューヨークモーターショー15では、4世代目にモデルチェンジ。

今回、シカゴモーターショー16で初公開されたのは、新型オプティマベースのハイブリッド。ガソリンエンジンは、先代の2.4リットルから2.0リットル「GDI」にダウンサイズ。最大出力154hpを発生する。

モーターは最大出力52hp。システム全体では、193hpのパワーを引き出す。ニ次電池は、蓄電容量1.62kWhのリチウムポリマーバッテリー。キアは、「先代比で10%の燃費向上が目標」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【デザイン東京 16】デザイン性を重視した自転車スタンド、カスタマイズも可能…神谷プラスチック

    【デザイン東京 16】デザイン性を重視した自転車スタンド、カスタマイズも可能…神谷プラスチック

  2. 【ルノー トゥインゴ 新型】今後もMTは前向きに検討

    【ルノー トゥインゴ 新型】今後もMTは前向きに検討

  3. これぞ最強サルーン!メルセデス AMG S63セダン、605馬力へ

    これぞ最強サルーン!メルセデス AMG S63セダン、605馬力へ

  4. ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

  5. 【ルノー トゥインゴ 新型】あのクルマとの差はデザインと値段、そしてユーザー層

  6. 日産 フェアレディZ 次期型、登場は2017年東京ショーか

  7. ホンダ NSX 新型、欧州仕様は581馬力で確定

  8. 米スポーツカー バイパー、最終生産車が即完売…最短で40分

  9. 【スズキ SX4 Sクロス 改良新型】イタリアで先行公開…表情一新

  10. 【ペブルビーチ16】BMW、謎のコンセプトカーを初公開へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら