5人死亡の衝突事故、容疑者死亡のまま運転者を書類送検

自動車 社会 社会

昨年8月、奈良県明日香村内で発生し、RVに乗っていた5人全員が死亡した衝突事故について、奈良県警は18日、このクルマを運転していた19歳(当時)の少年を容疑者死亡のまま、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死)容疑で書類送検した。

奈良県警・橿原署によると、問題の事故は2015年8月27日の午前0時20分ごろ発生している。明日香村飛鳥付近の村道(片側1車線の緩やかなカーブ)を走行していたRVは右カーブを曲がりきれずに道路左側の路外へ逸脱。傾斜した状態で前方にある橋の欄干へ衝突した。

この事故でクルマは横転大破。乗っていた5人全員が車外に投げ出され、4人は全身強打で即死の状態。残る1人も収容先の病院で死亡しており、警察は事故原因と運転者の特定を進めてきた。

捜査を進めてきた結果、クルマは所有者(名義人)の家族である当時19歳の少年が運転していたものと断定。速度超過によるハンドル操作の誤りで制御できなくなり、そのまま欄干に衝突したものと事故原因を推測し、少年を容疑者死亡のまま自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死)容疑で書類送検し、捜査を終結させている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 著しい高速度で走行中に死亡事故、運転者に実刑を命じる

    著しい高速度で走行中に死亡事故、運転者に実刑を命じる

  2. スマートIC、新規事業化7箇所と準備段階調査5カ所を決定…国土交通省

    スマートIC、新規事業化7箇所と準備段階調査5カ所を決定…国土交通省

  3. 自動運転車でドライバーが居眠り、決定的瞬間[動画]

    自動運転車でドライバーが居眠り、決定的瞬間[動画]

  4. 国土交通省、貸切バスに装着を義務付けるドライブレコーダーの性能を検討…今秋に策定

  5. 交差点を進行中の大型トレーラーが横転、複数の車線を塞ぐ

  6. 公共交通の事故被害者への支援計画、2015年度は35社が策定…累計88社

  7. 日産 フェアレディZ NISMO パトカー、警視庁に配備完了

  8. 国交省、タカタ製エアバッグの追加リコールを指示…約700万台

  9. 日系企業、車両周辺の状況を検知する特許技術で海外を圧倒…特許庁

  10. 経年車の税軽減へ…自動車文化を考える議員連盟、発足

アクセスランキングをもっと見る