盗難車、逃走中に多重衝突事故を起こす | レスポンス(Response.jp)

盗難車、逃走中に多重衝突事故を起こす

自動車 社会 社会

16日午後7時30分ごろ、愛知県春日井市内の県道で、パトカーの追跡を受けていたワゴン車が交差点に突っ込んで軽乗用車と衝突。他の車両も巻き込まれ、7台が関係する多重衝突に発展した。警察は逃走車を運転していた28歳の男を逮捕している。

愛知県警・春日井署によると、同市内の国道19号をパトロールしていた同署員が、西尾市内で盗難届が出されていたワゴン車を発見。運転者に職務質問するために停止を命じたが、クルマはこれを無視して逃走した。

署員はパトカーによる追跡を開始。クルマは信号無視を繰り返して逃走したが、春日井市鳥居松町付近の県道(片側2車線の直線区間)交差点を進行中に軽乗用車と衝突。近くにいた他の車両も巻き込まれ、7台が関係する多重衝突に発展した。警察はワゴン車を運転していた28歳の男を道路交通法違反(信号無視)の現行犯で逮捕。事故で2人が軽傷を負っており、警察は自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)容疑で調べを進めるとともに、19日には窃盗容疑で男を再逮捕している。

聴取に対して男は「足が無いのでクルマを盗んだ。事故を起こしたことも間違いない」などと供述しているようだ。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

特集

おすすめの商品