【カーグッズ】車内のゴミ箱にも個性を

自動車 ビジネス 国内マーケット

[写真01] カーメイト『フック付ダストボックス ミニ FOR GIRLS ピンク』
  • [写真01] カーメイト『フック付ダストボックス ミニ FOR GIRLS ピンク』
  • [写真01] カーメイト『フック付ダストボックス ミニ FOR GIRLS ピンク』
  • [写真01] カーメイト『フック付ダストボックス ミニ FOR GIRLS ピンク』
  • [写真02] 星光産業『コンパクトゴミ箱4 BK』
  • [写真02] 星光産業『コンパクトゴミ箱4 BK』
  • [写真03] ナポレックス『フラットダスト抗菌防臭』
  • [写真03] ナポレックス『フラットダスト抗菌防臭』
  • [写真03] ナポレックス『フラットダスト抗菌防臭』
あまたあるカー用品の中から、注目すべきアイテムを厳選してご紹介している当コーナー。今月は「ひと工夫が効いた車内小物」と題し、実用便利グッズのあれこれを取り上げている。そして今週クローズアップするのはこちら、3タイプの「ゴミ箱」。それぞれの特長に迫る。

のっけから、個性的なアイテムをご紹介してみたい。[写真01]の、カーメイト『フック付ダストボックス ミニ FOR GIRLS ピンク』(品番:DZ328、価格:オープン)。

最大の特長は、独特なルックス。シンプルデザインながら、なかなかのおしゃれ度。柔らかなカラーも好印象だ。製品名のとおり、女性オーナーのクルマにぴったりだ。

さらに、内側にレジ袋をセットできるフックが備えられていることも特長。レジ袋を被せてしまったら、せっかくのおしゃれアイテムも形無しとなるところだが、そんな心配も無用だ。また、底部におもりが入れられていて、倒れにくくなっているところも注目点。見た目、実用度ともに考え抜かれたひと品だ。製品サイズは、H200×W250×D100(mm)。『ストライプ』タイプ(品番:DZ327)もある。

続いては、[写真02]の、星光産業『コンパクトゴミ箱4 BK』(品番:EH-139、価格:オープン)。こちらはオーソドックスなタイプ。といいつつ、何気に工夫が凝らされている。1つ目のポイントは半円形となっているところ。壁側にはすき間なくぴったりと設置でき、かつ前面は丸形となっていて邪魔になりにくい。

2つ目のポイントはコンパクトであること。容量を欲張らず、500mlのペットボトルが2本収納できる程度に留めた。製品サイズは、H140xW185xD115(mm)。

そして最大の特長は、レジ袋のフチを包んで隠せる“フチ隠し”が備えてあること。袋をしっかりと固定でき、かつすっきりセットできる。几帳面なタイプの方には特におすすめの一品だ。

さて、最後にご紹介するのは、[写真03]の、ナポレックス『フラットダスト抗菌防臭』(品番:JK-91、価格:オープン)。

こちらは、“薄型”であることが最大の特長だ。付属のフック(粘着シート付き)を使って壁面に取り付け、ゴミを入れるときには開口部を引っ張れば大きく口が開く(手を離すと閉まる)。

また、マチ部分を広げて使うこともできる。収納物の量が増えてきたときにもフレキシブルに対応可能。製品サイズは、H160×W230×D70。

さらには、抗菌・防臭加工された生地が使われている点もストロングポイント。日々使う上での安心感が高められている。

ちょっとしたゴミは、ドライブしていればなんらか出るもの。「ゴミ箱」は必需品だ。どうせなら気の利いたものを見つけて、便利に使いたい。ご参考あれ。

【カーグッズ・アトランダム】ひと工夫が効いた車内小物特集 パート3「ゴミ箱編」

《太田祥三》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

    マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  2. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

    スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  3. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  4. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  5. ホンダの総生産台数、13か月連続プラス…7.8%増の42万5305台 6月実績

  6. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  7. 日産のグローバル生産台数、過去最高…48万7908台 6月実績

  8. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  9. トヨタ、国内販売が4か月連続のプラス 6月実績

  10. マツダ 藤本常務、円高には「会社のリソーセス総動員して対応」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら