【光岡ビュートゴールドプレミアム】金箔吹雪を仕上げた職人の技

自動車 ニューモデル 新型車

光岡ビュートゴールドプレミアム
  • 光岡ビュートゴールドプレミアム
  • 光岡ビュートゴールドプレミアム
  • 光岡ビュートゴールドプレミアム
  • 光岡ビュートゴールドプレミアム
  • 光岡ビュートゴールドプレミアム
  • 光岡ビュートゴールドプレミアム
  • 光岡ビュートゴールドプレミアム
  • 光岡ビュートゴールドプレミアム
光岡が発売した限定車、『ビュートゴールドプレミアム』は、室内外に本物の金箔をちりばめられている。

具体的には、グリルバッチ、インパネのデコレーションパネル、リアパーセルボードに本物の金箔がちりばめられた。光岡自動車開発課課長の青木孝憲氏はこのネーミングについて、「金箔吹雪とした」と明かし、「日本の伝統工芸であり、日本的な美を象徴する金箔には我々も少なからずシンパシーを感じ、今回採用に至った」と背景を語る。

そして、「常識的に乗用車の内外装に金箔を施すというのは考えにくいが、退屈なこの常識よりも、夢のある遊び心を追求することこそ我々のチャレンジスピリットの証しでもある」とコメント。

この金箔は、「日本で99パーセントのシェアを誇る富山の隣県金沢の金沢金箔を使用。純金の含有率は約 95.8パーセントで、一台当たり0.5gくらいの金箔を使用している」と話す。

「今回苦労したのは金箔をどう表現するかということだった」と青木氏。「最初は金粉も考えたがちょっと弱く、最終的には吹雪のような表現にした」という。これは職人が1枚1枚ピンセットで置いて仕上げていく手法となる。この作業手順は、「塗装面が半渇きくらいのときに一度置く。そのとき金箔はくしゃくしゃなのでそれを平滑にするのに、クリアを吹いては研いでという工程を6回ぐらい繰り返し、くしゃくしゃの段差を埋めるという、かなり手間暇かけた工程になっている」と説明。

そして、「例えばおせちにパラパラと乗っている金箔のようなイメージで、ほんのちょっとゴージャス感があるような、奥ゆかしさが日本独特のものだと思っている」と今回の仕上がりについて述べた。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. マツダ アクセラ、改良新型モデルの画像がリーク

    マツダ アクセラ、改良新型モデルの画像がリーク

  2. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

    【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

  3. 日産 エクストレイル NISMO…オンでもオフでも頼りになる走りを[写真蔵]

    日産 エクストレイル NISMO…オンでもオフでも頼りになる走りを[写真蔵]

  4. スバル XV ハイブリッド tS コンセプト…ポップでキュートなSTI[写真蔵]

  5. 日産 GT-R NISMO に2017年型…空力性能を向上

  6. ポルシェ 911 GT3 R、ニュル24時間に準備完了[動画]

  7. 【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

  8. スバル レヴォーグ STIパーツ装着車、乗れば運転が上手くなる?[写真蔵]

  9. ホンダ S660 無限 RA…カスタマイズベースとして楽しめるコンプリートカー[写真蔵]

  10. トヨタ TRD プリウス、エコだけじゃないその走り[写真蔵]

アクセスランキングをもっと見る