直線路を走行していた大型トラック、蛇行の末に横転 | レスポンス(Response.jp)

直線路を走行していた大型トラック、蛇行の末に横転

自動車 社会 社会

15日午前10時ごろ、福岡県宇美町内の九州自動車道上り線を走行していた大型トラックが路外に逸脱。蛇行した後に横転する事故が起きた。人的な被害は無かったが、横転したトラックが車線を塞ぐ状態となり、約2時間に渡って通行止めとなった。

福岡県警・高速隊によると、現場は宇美町井野付近で片側2車線の直線区間。大型トラックは第1車線を走行中に路外へ逸脱。蛇行した後に急ハンドルを切って横転した。

トラックは車線を塞ぐような状態で倒れ、周囲には積荷が散乱。運転していた40歳代の男性にケガはなく、警察は男性から事情を聞いている。この事故で現場を含む上り線の一部区間が約2時間に渡って通行止めとなった。

事故の状況から、警察では漫然運転などが原因とみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

特集

おすすめの商品