『ニコニコ超会議号』今年は583系寝台電車で運行…大阪~海浜幕張間

鉄道 企業動向

動画共有サービス「niconico」のイベント「ニコニコ超会議」の一環として運行されている『ニコニコ超会議号』が、今年は583系特急形寝台電車で大阪駅(大阪市北区)から会場の幕張メッセに近い海浜幕張駅(千葉市美浜区)まで運行されることが決まった。

『ニコニコ超会議号』は2012年、音楽家の向谷実さんがプロデュースする団体臨時列車として初めて運行。大阪~上野間を北陸経由で結ぶ寝台列車と、品川駅から関東のJR線を周回し、海浜幕張駅までを結ぶお座敷列車の2本が運行された。その後も「ニコニコ超会議」の開催にあわせ、大阪~上野間の寝台列車のみ毎年運行されてきたが、2015年はお座敷列車が品川~海浜幕張間で運行された。

今年の「ニコニコ超会議2016」は4月29・30日の二日間、幕張メッセで開催される予定。これに合わせて運行される『ニコニコ超会議号』は、4月28日に大阪駅を出発して翌29日に海浜幕張駅に到着するダイヤで運行される。車両は車内に寝台設備を持つ583系が使われる。

583系は旧国鉄が開発した特急形寝台電車。1967年に九州方面向けの581系電車が登場し、翌1968年には東北方面でも運用できるようにした583系が登場した。定期列車での運用は既に終了しており、現在はJR東日本が臨時・団体列車用として6両編成1本のみ保有している。『ニコニコ超会議号』で583系が使用されるのは今回が初めてになる。

チケットの販売方法など詳細は、後日案内される予定だ。
《草町義和》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品