オペル アストラ ワゴン新型、英国工場で生産開始

自動車 ビジネス 海外マーケット

英国工場で生産が開始された新型オペルアストラ・スポーツツアラー
  • 英国工場で生産が開始された新型オペルアストラ・スポーツツアラー
  • オペル アストラ スポーツツアラー
  • オペル アストラ スポーツツアラー
米国の自動車最大手、GMの欧州部門のオペルグループは2月16日、英国エレスメア工場において、新型『アストラ・スポーツツアラー』の生産を開始した。

同車は2015年9月、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー15で初公開。新型アストラ・スポーツツアラーは、新型『アストラ』のワゴン版。ハッチバックに対して、荷室の容量を増やし、使い勝手を高めた。

新型アストラ・シリーズでは、大幅な軽量化に取り組む。新型は、先代比で最大200kg軽量化。これは、新開発の車台による部分が大きい。ワゴンのスポーツツアラーでも、先代比で最大190kgの軽量化を果たす。

また、新型のボディサイズは、全長が4702mmと、ハッチバックに対して330mm長い。全高は1510mmで、ハッチバックよりも50mm引き上げた。後席を倒せば、荷室容量は最大1630リットルに拡大する。

2月16日、オペル/ボクスフォールの英国エレスメア工場から、新型アストラ・スポーツツアラーの量産第一号車がラインオフ。工場の従業員が、オペルグループの生産担当、ピーター・トーム副社長らと共に、第一号車の出荷を祝福している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

    【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  2. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

    定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  3. 【ホンダ 歩行アシスト 発表】事業採算を確保できるリース価格

    【ホンダ 歩行アシスト 発表】事業採算を確保できるリース価格

  4. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  5. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  6. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  7. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  8. ダイハツ、企業情報サイトを刷新…スマホにも対応

  9. ジャガー・ランドローバー、クラシックカー部門の本部を新設…英国

  10. タクシー業者の実態、台当たり運送収入は上昇も収入総額は減少…帝国データバンク

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら