オペル アストラ ワゴン新型、英国工場で生産開始 | レスポンス(Response.jp)

オペル アストラ ワゴン新型、英国工場で生産開始

自動車 ビジネス 海外マーケット

英国工場で生産が開始された新型オペルアストラ・スポーツツアラー
  • 英国工場で生産が開始された新型オペルアストラ・スポーツツアラー
  • オペル アストラ スポーツツアラー
  • オペル アストラ スポーツツアラー
米国の自動車最大手、GMの欧州部門のオペルグループは2月16日、英国エレスメア工場において、新型『アストラ・スポーツツアラー』の生産を開始した。

同車は2015年9月、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー15で初公開。新型アストラ・スポーツツアラーは、新型『アストラ』のワゴン版。ハッチバックに対して、荷室の容量を増やし、使い勝手を高めた。

新型アストラ・シリーズでは、大幅な軽量化に取り組む。新型は、先代比で最大200kg軽量化。これは、新開発の車台による部分が大きい。ワゴンのスポーツツアラーでも、先代比で最大190kgの軽量化を果たす。

また、新型のボディサイズは、全長が4702mmと、ハッチバックに対して330mm長い。全高は1510mmで、ハッチバックよりも50mm引き上げた。後席を倒せば、荷室容量は最大1630リットルに拡大する。

2月16日、オペル/ボクスフォールの英国エレスメア工場から、新型アストラ・スポーツツアラーの量産第一号車がラインオフ。工場の従業員が、オペルグループの生産担当、ピーター・トーム副社長らと共に、第一号車の出荷を祝福している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品