J21、モービルアイなどを活用した成果報酬型交通事故削減サービスを販売開始 | レスポンス(Response.jp)

J21、モービルアイなどを活用した成果報酬型交通事故削減サービスを販売開始

自動車 テクノロジー 安全

ジャパン・トゥエンティワン(J21)は、衝突防止補助システム「モービルアイ」とフリート管理システム「イトラン」、J21のコンサルティングを組み合わせた成果報酬型交通事故削減プログラム「タラーズ」の販売を開始する。

タラ-ズは、バス、トラック、営業車などを50台以上保有する事業者を対象に、世界最先端のADAS装置とFMS(フリート管理システム)装置を導入し、警報ログのビッグデータ解析などのコンサルタントサービスで最適化、統合化した交通事故防止サービスを提供する。

同契約では保険会社から提供される過去3年間における前方事故損害総額(平均)の50%削減値を基準として、その達成率に応じて月額サービス料金を設定。交通事故損害金額削減率が25%以下の効果しかない場合には翌年の月額費用は無償となり、同75%削減では標準の2倍の料金を請求する成果報酬型の料金体系になる。

同社では、初年度5000台の販売を計画している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品