レクサス、ミラノデザインウィークに出展…予期せぬ驚きと感動の体験を提供 | レスポンス(Response.jp)

レクサス、ミラノデザインウィークに出展…予期せぬ驚きと感動の体験を提供

自動車 ビジネス 海外マーケット

Collage of
  • Collage of
  • デザイナー フォルマファンタズマ
  • シェフ 徳吉洋二氏
レクサスは、4月12日から17日までイタリア・ミラノで開催される「ミラノデザインウィーク2016」に出展し、ミラノ市内・トルトーナ地区の「スパッツィオ・レクサスートルネリア」にて「Lexus-An Encounter with Anticipation」を開催する。

今回の出展では、「Anticipation(予見)」をテーマに、レクサスがデザインを通じて予期せぬ驚きと感動の体験を提供する。レクサスのクラフトマンシップと技術やデザインフィロソフィーを、エモーショナルに体験できるほか、レクサスが予見する未来社会を、新たな驚きと感動とともに感じ取ることができるという。レクサスは展示を通じて、いかに目に見えないものに想いをめぐらせ、それを形にして人々へ伝えるかに挑戦する。

レクサスは、同プロジェクトのデザイナーとして、オランダ・アムステルダムを拠点に活動し、プロダクトデザインに幅広い実績を持つ若手デザイナーズデュオであるフォルマファンタズマと、2015年12月に開店からわずか10か月でミシュラン一つ星を獲得した、イタリア・ミラノにある「Ristorante Tokuyoshi」のシェフ 徳吉洋二氏を起用する。

なお、「Anticipation(予見)」は、今年度のレクサス デザイン アワードのテーマとしても設定されており、ミラノデザインウィーク会期中、同会場にて入賞12作品を展示する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品