【デリーモーターショー16】シボレーのコンパクト、ビート に「アクティブ」…SUV提案

自動車 ニューモデル モーターショー

シボレー ビート アクティブ
  • シボレー ビート アクティブ
  • シボレー ビート アクティブ
  • シボレー ビート アクティブ
  • シボレー ビート アクティブ
米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは2月3日、インドで開幕したデリーモーターショー(オートエキスポ)16において、『ビート・アクティブ』を初公開した。

同車は、シボレーのインド主力コンパクトカー、『ビート』の新たな方向性を提案したコンセプトカー。「アクティブ」の名前にふさわしい、行動範囲を広げるスポーティコンパクトを提示する。

全体像は、ビート派生のSUVといったところ。ボディカラーはグリーンで、バンパーのアンダーガードやフェンダーエクステンションを追加。ルーフレールも装備された。

インテリアは、ボディカラーと同じグリーンをアクセントに使用。ダッシュボードは上下で色使いを分け、スポーツシートも黒とグレーのツートンとした。

GMインディアのKaher Kazem社長は、「ビート・アクティブは、成長が続くインド市場に応えるべく開発した」と語っている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品