GM、メンターグラフィックスの電装システム設計ツールを採用 | レスポンス(Response.jp)

GM、メンターグラフィックスの電装システム設計ツールを採用

自動車 ビジネス 企業動向

メンター・グラフィックスは、ゼネラルモーターズ(GM)が車両開発プロジェクトに同社が提供するキャピタル電装システム設計ツールを採用したと発表した。

キャピタル電装システム設計ツールは、設計資産の再利用機能や、プラットフォームレベルの配線を自動生成する「Correct-by-Construction」手法を備え、サイクルタイムの短縮やエンジニアリングプロセスの向上を実現。GMが消費者の求める新しい電子機能を効率的に提供できるよう支援する。

今後、GM新型車両の電装システムはキャピタルによって設計される。既存車両の設計データも、メンター・グラフィックスのコンサルティングチームが開発したユーティリティを使ってキャピタル用に変換。キャピタルのルールデックやライブラリといったインフラストラクチャ面での可用性やツールとの親和性を高め、迅速なツール展開が可能となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品