【春闘16】トヨタとホンダは一時金要求で明暗

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車とホンダの労組が2月17日に提出した要求によると、賃金改善(ベースアップ=ベア)は3000円で同額だが、一時金は過去最高水準のトヨタと、昨年を下回る要求となったホンダで明暗を分けた。

トヨタはベアのほかに賃金制度維持分として昨年と同額の7300円を要求に盛り込んでいる。両社の昨年のベアは6000円の要求に対し、回答はトヨタが4000円、ホンダは3400円だった。

一方、年間一時金はトヨタが7.1か月分(約258万円)と、昨年要求の6.8か月(満額回答)に0.3か月分上積みした。金額では過去最高だった2007年レベルとなる。ホンダは昨年要求の5.9か月(満額回答)を下回る5.8か月の要求とした。

両社の16年3月期の連結純利益予想は、トヨタが過去最高見込みなのに対し、ホンダは前期比ほぼ横ばいにとどまる内容となっており、こうした業績が一時金の要求にも反映された格好だ。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. カレコカーシェアリング、新型ロードスターを都内3ステーションに導入

    カレコカーシェアリング、新型ロードスターを都内3ステーションに導入

  3. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

    日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  4. トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

  5. 富士重、スバル自動車保険プランを5年ぶりにリニューアル…サービス拡充

  6. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  7. オリックス、カーシェア車両に セレナハイブリッド 30台を導入

  8. 中央道小早川橋と弓振川橋をリニューアル 10月から

  9. GM、コルベット の工場に投資…より柔軟な生産体制へ

  10. GMジャパン石井社長「日本抜きでは考えられない」…フォードの日本撤退で

アクセスランキングをもっと見る