【春闘16】トヨタとホンダは一時金要求で明暗

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車とホンダの労組が2月17日に提出した要求によると、賃金改善(ベースアップ=ベア)は3000円で同額だが、一時金は過去最高水準のトヨタと、昨年を下回る要求となったホンダで明暗を分けた。

トヨタはベアのほかに賃金制度維持分として昨年と同額の7300円を要求に盛り込んでいる。両社の昨年のベアは6000円の要求に対し、回答はトヨタが4000円、ホンダは3400円だった。

一方、年間一時金はトヨタが7.1か月分(約258万円)と、昨年要求の6.8か月(満額回答)に0.3か月分上積みした。金額では過去最高だった2007年レベルとなる。ホンダは昨年要求の5.9か月(満額回答)を下回る5.8か月の要求とした。

両社の16年3月期の連結純利益予想は、トヨタが過去最高見込みなのに対し、ホンダは前期比ほぼ横ばいにとどまる内容となっており、こうした業績が一時金の要求にも反映された格好だ。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

    燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  3. ルノーの小型SUV、クウィッド も星ゼロ評価…グローバルNCAP

    ルノーの小型SUV、クウィッド も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  4. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  5. ブリヂストン、ICTを駆使したタイヤ成型システムの導入を発表

  6. 「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

  7. トーヨータイヤ、ブランドコンセプトムービー第2弾…そのタイヤに驚きはあるか[動画]

  8. 東京R&D、マレーシア企業と合弁会社設立…アジア地域で自動車開発技術サービスを提供

  9. ドイツ高級3ブランドの中国販売、アウディが首位…4月

  10. ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

アクセスランキングをもっと見る