【春闘16】日産は「平均賃金改定原資」として9000円要求

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車グローバル本社
  • 日産自動車グローバル本社
自動車業界でも2016年の春季団体交渉が2月17日に始まった。独自の交渉形態をとっている日産自動車では同日、労組が組合員の「平均賃金改定原資」として9000円などの要求を提出した。

このうち賃金改善(ベースアップ)に相当する額として3000円が含まれており、自動車総連の賃金改善に関する統一要求基準に沿った水準となった。「改定原資」としては昨年要求の1万2000円(回答は1万1000円)を下回っている。

一方で、年間一時金については賃金改定後の基準内賃金の5.9か月分の要求となり、昨年を0.2か月分上回っている。昨年は5.7か月分(216万7600円)の満額回答で、リーマン・ショック後の2009年以降では最高だった。今年の要求ベースではそれを上回る水準となっている。

自動車メーカー各社など自動車産業の主要企業で同日中に要求が出そろい、集中回答日の3月16日に向けて労使交渉が活発化する。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

    マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  2. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

    スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  3. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  4. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  5. ホンダの総生産台数、13か月連続プラス…7.8%増の42万5305台 6月実績

  6. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  7. 日産のグローバル生産台数、過去最高…48万7908台 6月実績

  8. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  9. トヨタ、国内販売が4か月連続のプラス 6月実績

  10. マツダ 藤本常務、円高には「会社のリソーセス総動員して対応」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら