遊び心あふれるストリートコミューター…ヤマハ YW125X ビーウィズ

モーターサイクル 新型車

「New Crossover BW'S」をデザインコンセプトに新発売したヤマハ・YW125X ビーウィズ
  • 「New Crossover BW'S」をデザインコンセプトに新発売したヤマハ・YW125X ビーウィズ
  • 「New Crossover BW'S」をデザインコンセプトに新発売したヤマハ・YW125X ビーウィズ
  • 「New Crossover BW'S」をデザインコンセプトに新発売したヤマハ・YW125X ビーウィズ
  • 「New Crossover BW'S」をデザインコンセプトに新発売したヤマハ・YW125X ビーウィズ
  • 「New Crossover BW'S」をデザインコンセプトに新発売したヤマハ・YW125X ビーウィズ
  • 「New Crossover BW'S」をデザインコンセプトに新発売したヤマハ・YW125X ビーウィズ
  • 「New Crossover BW'S」をデザインコンセプトに新発売したヤマハ・YW125X ビーウィズ
  • 「New Crossover BW'S」をデザインコンセプトに新発売したヤマハ・YW125X ビーウィズ
左右非対称のヘッドランプが独創的なフロントマスクを演出する『YW125X ビーウィズ』が発売された。スタイリングのデザインコンセプトは「New Crossover BW'S」。ヤマハの謳い文句は「SUVテイストが楽める都会のストリートコミューター」だ。

実車を目の当たりして思うのは、タフさをアピールしながらも、都会的で洗練されたスタイリング。ブロックタイヤをはじめブーツカバーをつけた軽量フロントフォーク、バーハンドルにブラッシュガードという組み合わせはオフロードテイストを感じさせるもので、その遊び心あふれる車体は見る者をワクワクさせる。

さらにフルフェイスヘルメットを収納できるシート下トランク(容量約29リットル)やタンデムグリップ付きリアキャリア、鍵穴へのイタズラを困難にするキーシャッターなど機能面も申し分なし。前後ディスクブレーキを備え、フロントにはウェーブローターを装備するなどディティールも凝っている。

エンジンは最高出力9.8psを発揮する空冷4ストロークSOHC4バルブ。エンジン音も静かで、排ガス中の有害物質が少ないなど環境性能も高い。

車両価格は税込み31万8600円。なんといっても使い勝手が良く、経済性にも優れる。クルマと同じ60km/hの一般道法定制限速度、2人乗りOK、原付1種(50cc)のような2段階右折不要、軽自動車税1600円/年、自賠責保険料は原付(50cc)と同じなど、メリットがいっぱいの原付2種スクーターだ。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

    ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  2. KTM、ストリートユーザー向けファンイベントを筑波で開催…7月17日

    KTM、ストリートユーザー向けファンイベントを筑波で開催…7月17日

  3. カスタマーにワオ!届けたい…本邦初公開のハーレー ロードスター で“熱い夜”を体験

    カスタマーにワオ!届けたい…本邦初公開のハーレー ロードスター で“熱い夜”を体験

  4. ラビットヘッドをあしらった「プレイボーイ」コラボメット発売

  5. 富士山麓がハーレーで埋め尽くされた1日…ブルースカイヘブン

  6. 「ハーレーは“イケてる女”」UFCファイターの石原“夜叉坊”暉仁&スワンソン選手、新型発表会に乱入!?

  7. ヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT」、ついにロッシとご対面[動画]

  8. ホンダ PCXシリーズに特別カラーのスペシャルエディション…受注期間限定で発売

  9. 【ホンダ CB1100EX 試乗】見た目、走りとも飽きずに長く付き合える…青木タカオ

  10. 【ミラノショー15】ドゥカティに「アンダー400」登場、スクランブラー Sixty2

アクセスランキングをもっと見る