遊び心あふれるストリートコミューター…ヤマハ YW125X ビーウィズ

モーターサイクル 新型車

「New Crossover BW'S」をデザインコンセプトに新発売したヤマハ・YW125X ビーウィズ
  • 「New Crossover BW'S」をデザインコンセプトに新発売したヤマハ・YW125X ビーウィズ
  • 「New Crossover BW'S」をデザインコンセプトに新発売したヤマハ・YW125X ビーウィズ
  • 「New Crossover BW'S」をデザインコンセプトに新発売したヤマハ・YW125X ビーウィズ
  • 「New Crossover BW'S」をデザインコンセプトに新発売したヤマハ・YW125X ビーウィズ
  • 「New Crossover BW'S」をデザインコンセプトに新発売したヤマハ・YW125X ビーウィズ
  • 「New Crossover BW'S」をデザインコンセプトに新発売したヤマハ・YW125X ビーウィズ
  • 「New Crossover BW'S」をデザインコンセプトに新発売したヤマハ・YW125X ビーウィズ
  • 「New Crossover BW'S」をデザインコンセプトに新発売したヤマハ・YW125X ビーウィズ
左右非対称のヘッドランプが独創的なフロントマスクを演出する『YW125X ビーウィズ』が発売された。スタイリングのデザインコンセプトは「New Crossover BW'S」。ヤマハの謳い文句は「SUVテイストが楽める都会のストリートコミューター」だ。

実車を目の当たりして思うのは、タフさをアピールしながらも、都会的で洗練されたスタイリング。ブロックタイヤをはじめブーツカバーをつけた軽量フロントフォーク、バーハンドルにブラッシュガードという組み合わせはオフロードテイストを感じさせるもので、その遊び心あふれる車体は見る者をワクワクさせる。

さらにフルフェイスヘルメットを収納できるシート下トランク(容量約29リットル)やタンデムグリップ付きリアキャリア、鍵穴へのイタズラを困難にするキーシャッターなど機能面も申し分なし。前後ディスクブレーキを備え、フロントにはウェーブローターを装備するなどディティールも凝っている。

エンジンは最高出力9.8psを発揮する空冷4ストロークSOHC4バルブ。エンジン音も静かで、排ガス中の有害物質が少ないなど環境性能も高い。

車両価格は税込み31万8600円。なんといっても使い勝手が良く、経済性にも優れる。クルマと同じ60km/hの一般道法定制限速度、2人乗りOK、原付1種(50cc)のような2段階右折不要、軽自動車税1600円/年、自賠責保険料は原付(50cc)と同じなど、メリットがいっぱいの原付2種スクーターだ。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 川崎重工、モーターサイクル&エンジンカンパニーに「効率化推進部」を新設

    川崎重工、モーターサイクル&エンジンカンパニーに「効率化推進部」を新設

  2. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

    バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

  3. 電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

    電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

  4. ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

  5. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  6. 二輪車ETC購入助成、募集期間前半で締め切りの勢い

  7. カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  8. 大型バイクの世代別所有率、1位はオジサンではなく20代…ヤマハ調べ

  9. 【ホンダ CTX1300 試乗】クルーザーの新境地を開拓、V4エンジンの“スポーツクルーザー”…和歌山利宏

  10. バイカーズステーションSOX 浜松南店、7月1日オープン…静岡県内初

アクセスランキングをもっと見る