【デリーモーターショー16】シボレー、エッセンティア 発表…新興国向け小型セダン

自動車 ニューモデル 新型車

シボレー エッセンティア
  • シボレー エッセンティア
  • シボレー エッセンティア
  • シボレー エッセンティア
  • シボレー エッセンティア
  • シボレー エッセンティア
  • シボレー エッセンティア
米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは2月3日、インドで開幕したデリーモーターショー(オートエキスポ)16において、新型車の『エッセンティア』を初公開した。

エッセンティアは、インドなどの新興国市場向けに開発された小型セダン。インドでは、全長4000mm以下の小型セダンが人気を集めていることから、シボレーは現地に最新小型セダンのエッセンティアを投入する。

車台には、シボレーの主力コンパクトカー、『ビート』用を活用。韓国のGMのデザインスタジオが、設計を担当した。シボレーによると、洗練をテーマにデザインされたという。

エッセンティアのフロントマスクには、最新のシボレーのデザイン言語を導入。インテリアは、ダッシュボードやシートに、ブラウン色を配するなど、新しさを表現した。

シボレーは、「搭載エンジンや発売時期は、追って公表する」と説明している。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品