【VW ゴルフトゥーラン 新型】にぎわう輸入ミニバン市場に「VWの原点」でアピール

自動車 ニューモデル 新型車

VW ゴルフトゥーラン
  • VW ゴルフトゥーラン
  • VW ゴルフトゥーラン
  • VW ゴルフトゥーラン
  • VW ゴルフトゥーラン
  • VW ゴルフトゥーラン
  • VW ゴルフトゥーラン
  • VW ゴルフトゥーラン
  • VW ゴルフトゥーラン
フルモデルチェンジしたVW『ゴルフトゥーラン』は、ミニバンらしからぬ卓越したドライバビリティをより一層強化したという。

その結果、「男性ドライバーにも満足してもらえる爽快な走りを楽しんでもらえるだろう」と話すのは、フォルクスワーゲングループジャパンマーケティング本部プロダクト・マーケティング課の山谷浩之氏だ。また、子供を乗せての買い物や送り迎えなどの機会が多い女性ドライバーにも、「安心して乗ってもらえるクラストップレベルの安全性や、更に取り回しの良さや優れた燃費など、日常生活の使い勝手や経済性の観点から魅力あふれるミニバンとなっている」とその完成度に自信を見せる。

その競合車は、BMW『2シリーズアクティブツアラー』、『2シリーズグランツアラー』、そして、シトロエン『C4ピカソ』などが挙げられる。特に昨年BMWから2モデルが出たことで、輸入車のミニバン市場はかなり活性化され、更に今回トゥーランも出たことで、「良い相乗効果が生まれれば」と期待を語る。

最後に山谷氏は、「ピープルファーストフォルクスワーゲン。フォルクスワーゲンはブランドの原点に立ち返る。新型ゴルフトゥーランは、まさにこのスローガンを語るにふさわしい最新のフォルクスワーゲンだ。大切な家族、友人たちと過ごす豊かな時間。そして、充実したライフスタイルをかなえる最良のパートナーとして多くのユーザーに愛用してもらえると確信している」とした。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  2. 【トヨタ プリウスPHV 新型】現行プリウスベースのPHV、EVモード航続距離は60kmに[写真蔵]

    【トヨタ プリウスPHV 新型】現行プリウスベースのPHV、EVモード航続距離は60kmに[写真蔵]

  3. 【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

    【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

  4. 【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

  5. 【パリモーターショー16】ホンダ シビック タイプR 次期型、予告コンセプトお披露目か

  6. クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

  7. セダンのトランクに積める折りたたみ自転車、あさひが発売

  8. クラウン アスリート J-フロンティア に東レのウルトラスエードが採用

  9. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  10. レクサス LX 570、ランクル 200 とオフロードテスト[動画]

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら