パワー半導体の世界市場、車載向けなどが牽引して2025年に339億ドル…矢野経済

自動車 ビジネス 企業動向

矢野経済研究所は、パワー半導体の世界市場について調査し、その結果をまとめた。

調査は2015年9月から2016年1月にかけてパワー半導体メーカー、ウエハーメーカー、システムメーカーを対象に調査した。

調査結果によると、2014年のパワー半導体世界市場は堅調に拡大し、前年比11.3%増の159億3000万ドルだった。

2015年は、中国と欧州市場での産業機器向け需要の低迷、パソコンやTVなど、民生機器用電源の成長も鈍化し、新興メーカーの参入によるコスト競争などが影響し、パワー半導体世界市場規模は、同7.0%減の148億2000万ドルとなる見込み。

2016年後半から市場は回復基調となり、産業機器向けパワーモジュール、自動車向けダイオード、MOSFETが市場を牽引する。産業機器は新エネルギー、サーボモータ、UPS(無停電電源装置)向けのパワーモジュールの需要増が見込まれる。

自動車は、車両1台あたりに搭載されるダイオードとMOSFETの数が増加し、引き続き高い伸びを見込む。このため、パワー半導体の世界市場規模は、2020年に231億ドル、2025年に339億1000万ドルに達すると予測する。

パワー半導体の種類では、SiCはダイオードの採用が中心に進んでいるが、コスト面からSiCトランジスタの搭載は一部用途に限定されている。GaNトランジスタは、2016年から民生機器用電源を中心に市場が立ち上がる見込み。

このため、これらの次世代パワー半導体の本格的な普及は2020年以降になる可能性が高く、2025年の次世代パワー半導体の世界市場規模は31億3000万ドルになると予測する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

    【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

  2. スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

    スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

  3. スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

    スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

  4. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  5. 【訃報】稲川スズキ元会長が死去

  6. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  7. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  8. タントや京阪電車、信号機…さまざまな工業デザインの世界を紹介するイベントが開催

  9. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  10. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

アクセスランキングをもっと見る