人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

パワー半導体の世界市場、車載向けなどが牽引して2025年に339億ドル…矢野経済

自動車 ビジネス 企業動向

矢野経済研究所は、パワー半導体の世界市場について調査し、その結果をまとめた。

調査は2015年9月から2016年1月にかけてパワー半導体メーカー、ウエハーメーカー、システムメーカーを対象に調査した。

調査結果によると、2014年のパワー半導体世界市場は堅調に拡大し、前年比11.3%増の159億3000万ドルだった。

2015年は、中国と欧州市場での産業機器向け需要の低迷、パソコンやTVなど、民生機器用電源の成長も鈍化し、新興メーカーの参入によるコスト競争などが影響し、パワー半導体世界市場規模は、同7.0%減の148億2000万ドルとなる見込み。

2016年後半から市場は回復基調となり、産業機器向けパワーモジュール、自動車向けダイオード、MOSFETが市場を牽引する。産業機器は新エネルギー、サーボモータ、UPS(無停電電源装置)向けのパワーモジュールの需要増が見込まれる。

自動車は、車両1台あたりに搭載されるダイオードとMOSFETの数が増加し、引き続き高い伸びを見込む。このため、パワー半導体の世界市場規模は、2020年に231億ドル、2025年に339億1000万ドルに達すると予測する。

パワー半導体の種類では、SiCはダイオードの採用が中心に進んでいるが、コスト面からSiCトランジスタの搭載は一部用途に限定されている。GaNトランジスタは、2016年から民生機器用電源を中心に市場が立ち上がる見込み。

このため、これらの次世代パワー半導体の本格的な普及は2020年以降になる可能性が高く、2025年の次世代パワー半導体の世界市場規模は31億3000万ドルになると予測する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  2. 三菱自動車の第1四半期決算…最終赤字1297億円、燃費データ不正問題が影響

    三菱自動車の第1四半期決算…最終赤字1297億円、燃費データ不正問題が影響

  3. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  4. 日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

  5. 【リコール】日野プロフィア など1万7000台、走行不能になるおそれ

  6. データシステム、車種別サイドカメラキットに新型プリウス用を追加

  7. レギュラーガソリン、前週比0.5円安の122.2円…4週連続の値下がり

  8. 日産、通期利益予想は据え置き…営業利益9%減 第1四半期決算

  9. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  10. 日産の第1四半期決算、円高で4期ぶりの営業減益も「対応力はついている」

アクセスランキングをもっと見る