パワー半導体の世界市場、車載向けなどが牽引して2025年に339億ドル…矢野経済

自動車 ビジネス 企業動向

矢野経済研究所は、パワー半導体の世界市場について調査し、その結果をまとめた。

調査は2015年9月から2016年1月にかけてパワー半導体メーカー、ウエハーメーカー、システムメーカーを対象に調査した。

調査結果によると、2014年のパワー半導体世界市場は堅調に拡大し、前年比11.3%増の159億3000万ドルだった。

2015年は、中国と欧州市場での産業機器向け需要の低迷、パソコンやTVなど、民生機器用電源の成長も鈍化し、新興メーカーの参入によるコスト競争などが影響し、パワー半導体世界市場規模は、同7.0%減の148億2000万ドルとなる見込み。

2016年後半から市場は回復基調となり、産業機器向けパワーモジュール、自動車向けダイオード、MOSFETが市場を牽引する。産業機器は新エネルギー、サーボモータ、UPS(無停電電源装置)向けのパワーモジュールの需要増が見込まれる。

自動車は、車両1台あたりに搭載されるダイオードとMOSFETの数が増加し、引き続き高い伸びを見込む。このため、パワー半導体の世界市場規模は、2020年に231億ドル、2025年に339億1000万ドルに達すると予測する。

パワー半導体の種類では、SiCはダイオードの採用が中心に進んでいるが、コスト面からSiCトランジスタの搭載は一部用途に限定されている。GaNトランジスタは、2016年から民生機器用電源を中心に市場が立ち上がる見込み。

このため、これらの次世代パワー半導体の本格的な普及は2020年以降になる可能性が高く、2025年の次世代パワー半導体の世界市場規模は31億3000万ドルになると予測する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

    燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】現行 リーフ の倍、60kWhバッテリーを参考出品…日産

    【人とくるまのテクノロジー16】現行 リーフ の倍、60kWhバッテリーを参考出品…日産

  4. ホビージャパン、新型NSX の高品質1:18スケールモデルを発売

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】現行 プリウス の“断面”を真横から見る

  6. 三菱と日産、資本業務提携の本契約を締結

  7. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  8. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  9. ルノーの小型SUV、クウィッド も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  10. 東京R&D、マレーシア企業と合弁会社設立…アジア地域で自動車開発技術サービスを提供

アクセスランキングをもっと見る