UQ、下り最速220MbpsモバイルWi-Fiルータが2800円

エンターテインメント 話題

下り最大220MbpsのモバイルWi-Fiルータ「Speed Wi-Fi NEXT W02」(ファーウェイ製)
  • 下り最大220MbpsのモバイルWi-Fiルータ「Speed Wi-Fi NEXT W02」(ファーウェイ製)
  • カラーはブラックとホワイトの2色を用意
  • 有線LANも行えるクレードルとのセットも用意される(税別4,800円)
 UQコミュニケーションズは15日、WiMAX 2+とKDDIの「au 4G LTE」に対応し、下り最大220MbpsのモバイルWi-Fiルータ「Speed Wi-Fi NEXT W02」(ファーウェイ製)を発表した。発売は19日、価格は2,800円(税別)。

 2015年1月に発売した「Speed Wi-Fi NEXT W01」の後継機種で、WiMAX 2+のキャリアアグリゲーション(CA)に対応しており、理論値で下り最大220Mbpsを実現。「au 4G LTE」は、下り最大75Mbpsの通信スピードとなる。

 2.4インチのタッチ対応カラー液晶ディスプレイやスマートフォンからバッテリー残量などを確認できる専用アプリ「Huawei HiLink」などは前モデルと共通。ディスプレイ下部に「直近3日間での通信量」を表示する機能などが追加された。

 通信モードは、WiMAX 2+のみを利用する「ハイスピードモード」、au網も利用する「ハイスピードプラスエリアモード」を備える。「ハイスピードプラスエリアモード」の利用は月額1,005円のオプション料金がかかる。そのほか、常にCAをONにする「ハイパフォーマンスモード」、常時OFFにする「バッテリーセーブモード」、バッテリー残量に応じてバッテリーセーブモードに切り替える「ノーマルモード」も搭載する。

 Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n/acに対応し、同時接続台数は10台、バッテリー容量は2300mAh。本体サイズは121×59×11.1mmで、重さは約119g。LANポート搭載で有線LANも行えるクレードルとのセットも用意される(税別4,800円)。

WiMAX 2+と「au 4G LTE」に対応、UQが下り220Mbps実現のモバイルWi-Fiルータを発売

《関口賢@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エンターテインメント アクセスランキング

  1. 【GARMIN vivomove classic インプレ中編】見た目はアナログ時計、中身はライフログ機器

    【GARMIN vivomove classic インプレ中編】見た目はアナログ時計、中身はライフログ機器

  2. 【GARMIN vivomove classic インプレ前編】アナログ時計のようなフィットネスバンド

    【GARMIN vivomove classic インプレ前編】アナログ時計のようなフィットネスバンド

  3. 『ポケモンGO』広島市が平和記念公園の「ジム」「ポケストップ」削除要請

    『ポケモンGO』広島市が平和記念公園の「ジム」「ポケストップ」削除要請

  4. 【GARMIN fenix 3J Titanium 海外インプレ後編】ビジネスチャンス?観光&GPSウォッチ

  5. ジャッポーン! 鈴鹿サーキットのプールに新スライダー[フォトレポート]

  6. 【GARMIN fenix 3J Titanium 海外インプレ中編】ベルギーでサイクリングに使ってみた、その実力は

  7. 【GARMIN Edge 520J インプレ前編】コンパクトさと多機能を両立した定番サイクリングコンピュータの進化系

  8. 夏だ、プールだ、デートだ!!…着て欲しい水着&ドン引きする水着

  9. 透明なのにカルピスの乳酸菌---アサヒ『おいしい水』シリーズに新製品

  10. 【GARMIN vivoactive J インプレ後編】ライバルはApple Watch? コスパで群抜く体育会系スマートウォッチ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら