UQ、下り最速220MbpsモバイルWi-Fiルータが2800円

エンターテインメント 話題

下り最大220MbpsのモバイルWi-Fiルータ「Speed Wi-Fi NEXT W02」(ファーウェイ製)
  • 下り最大220MbpsのモバイルWi-Fiルータ「Speed Wi-Fi NEXT W02」(ファーウェイ製)
  • カラーはブラックとホワイトの2色を用意
  • 有線LANも行えるクレードルとのセットも用意される(税別4,800円)
 UQコミュニケーションズは15日、WiMAX 2+とKDDIの「au 4G LTE」に対応し、下り最大220MbpsのモバイルWi-Fiルータ「Speed Wi-Fi NEXT W02」(ファーウェイ製)を発表した。発売は19日、価格は2,800円(税別)。

 2015年1月に発売した「Speed Wi-Fi NEXT W01」の後継機種で、WiMAX 2+のキャリアアグリゲーション(CA)に対応しており、理論値で下り最大220Mbpsを実現。「au 4G LTE」は、下り最大75Mbpsの通信スピードとなる。

 2.4インチのタッチ対応カラー液晶ディスプレイやスマートフォンからバッテリー残量などを確認できる専用アプリ「Huawei HiLink」などは前モデルと共通。ディスプレイ下部に「直近3日間での通信量」を表示する機能などが追加された。

 通信モードは、WiMAX 2+のみを利用する「ハイスピードモード」、au網も利用する「ハイスピードプラスエリアモード」を備える。「ハイスピードプラスエリアモード」の利用は月額1,005円のオプション料金がかかる。そのほか、常にCAをONにする「ハイパフォーマンスモード」、常時OFFにする「バッテリーセーブモード」、バッテリー残量に応じてバッテリーセーブモードに切り替える「ノーマルモード」も搭載する。

 Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n/acに対応し、同時接続台数は10台、バッテリー容量は2300mAh。本体サイズは121×59×11.1mmで、重さは約119g。LANポート搭載で有線LANも行えるクレードルとのセットも用意される(税別4,800円)。

WiMAX 2+と「au 4G LTE」に対応、UQが下り220Mbps実現のモバイルWi-Fiルータを発売

《関口賢@RBB TODAY》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品