オーストリア航空、ウィーン=ワルシャワ線にE195を投入…2号機目

航空 企業動向

オーストリア航空は2月12日、定期便のウィーン=ワルシャワ線にエンブラエルE195の2号機を投入した。

E195の2号機によるフライト(OS625便)は7時40分にウィーンを出発し、8時35分にワルシャワに到着した。オーストリアとポーランドの首都をノンストップで結ぶ便は、オーストリア航空とLOTポーランド航空が毎日運航している。

オーストリア航空は来年末までに15機(1号機、2号機を除く)のE195を受領し、ベオグラード、ワルシャワ、ティラナ線といった中東欧路線やハンブルク、テッサロニキ線などに投入する。これまで短・中距離路線の運航を担ってきた21機のフォッカー機は段階的に退役となる。
《日下部みずき》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品