ヤマハ発動機、2017年度採用計画は245人…4年ぶりの減少

モーターサイクル 企業動向

ヤマハ発動機は2月15日、2017年度の新卒を、今春内定者より16人少ない245人を採用すると発表した。

新卒採用の人数減少は2013年以来、4年ぶりとなる。

採用計画245人の内訳は、大卒(大学院卒・高専卒・短大卒・専門学校卒を含む)が今春採用予定より18人少ない185人で、うち事務・営業系が50人、技術系が135人。

高校卒が今春より2人多い60人とする予定。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品