【大阪オートメッセ16】BEWITH、FOCAL最新モデルを出展…500万円超えのハイエンドシステム試聴会も

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

FOCALのハイエンドシステム「Utopia be ULTIMA」を搭載したAMG『E63』
  • FOCALのハイエンドシステム「Utopia be ULTIMA」を搭載したAMG『E63』
  • 大阪オートメッセ2016に出展したBeWithのブース
  • D-SPORTがカスタムメイドしたコペン(LA400K)
  • 出展された「K2 Power」の最新モデル
  • AMG『E63』では純正ステムと、BeWithシステムの共存を実現
  • フロントドアにインストールされた「Utopia be ULTIMA」のウーファーとツィーター
  • AMG『E63』のソース源としたルームミラー型リニアPCMプレーヤー「STATE MM-1D」
  • AMG『E63』で組み合わされたものアンプとD/Aコンバータ
BEWITH(ビーウィズ)は「大阪オートメッセ2016」で、発表したばかりのFOCALの「K2 Power」の最新モデルを初公開した。同社はこの他、FOCALのシステムを搭載したデモカーを出展。ハイエンドな音を体験できる絶好の場となった。

発売したばかりの「K2 Power」は、FOCAL伝統のアラミド振動板と特許技術「Mインバーテッド・ドームトゥイーター」や「TMDコーンウーファー」などの最新技術を融合した高級カースピーカーだ。ラインナップは全9機種あるが、会場には同シリーズ中、もっともハイスペックな3ウェイコンポーネント  スピーカーキット「ES 165 KX3」(12万円・税別)と、25cmサブウーファー「E25KX」(8万円・税別)が出展された。いずれも3月発売予定となっている。

試聴できたFOCALのデモカーは、同社がオリジナルで作り込んだメルセデス-AMG『E63』と、協力会社として参加した「D-SPORT」が手掛けたダイハツ『コペンLA400K』の2台。

AMG『E63』に搭載したスピーカーは、FOCALの最高峰スピーカーシステム「Utopia be ULTIMA(ユートピア ビー ウルティマ)」。システム価格は200万円という超弩級スピーカーだが、これにソース源としてビーウィズのルームミラー型リニアPCMプレーヤー「STATE MM-1D」を使用し、デジタルプロセッサー内蔵D/Aコンバーター「AZ-1CC Sunrise」とモノラルパワーアンプ「A-110S(2)」を6台を組み合わせる。さらに電源安定化のために「オーディオ用レギュレーター」として「A-50A」を2台追加し、システム価格はなんと550万円にもなる。

それに比べると『コペンLA400K』はいたってシンプル。カスタムメイド2ウェイスピーカーキットとなっており、17cmウーファー2cmツィーターは2cmバースドーム型を組み合わせたカスタムメイドのシステムで、価格は6万3000円。デモカーにはソース源としてビーウィズのルームミラー型リニアPCMプレーヤー「STATE MM-1D」をBluetooth経由で再生していたが、通常のオーディオシステムとの組み合わせも可能。親しみが持てるシステムとなっていた。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 革新の新カーオーディオ、クラリオン「Full Digital Sound」搭載プロショップ・デモカーを聴く

    革新の新カーオーディオ、クラリオン「Full Digital Sound」搭載プロショップ・デモカーを聴く

  2. タタの超低価格車、ナノ …インドの衝突安全テストに失格

    タタの超低価格車、ナノ …インドの衝突安全テストに失格

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】ヴァレオ、ステートLiDARセンサーを世界初展示

    【人とくるまのテクノロジー16】ヴァレオ、ステートLiDARセンサーを世界初展示

  4. 【ユーロNCAP】ルノーの超小型車、トゥイジー…衝突安全テストに失格

  5. 予算20万円でカーオーディオの「低音を強化する」

  6. 【NHTSA】中国製EVセダン、前面衝突テストに失格…2つ星評価

  7. クラリオン、フルデジタルサウンド試聴会を千葉と愛知で開催

  8. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  9. ZMP、物体検出機能を搭載したステレオビジョンパッケージを発売

  10. デモカー製作者が語る…クラリオン『Full Digital Sound』の革新性と期待値

アクセスランキングをもっと見る