【サウンドチューニング・マニュアル】タイムアライメント編 パート6…バイアンプ方式を活用する

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

カロッツェリア・TS-V172A(税抜価格:6万円)に付属の、パッシブクロスオーバーネットワーク。信号を、「高域」と「中低域」に“帯域分割”するためのユニットだ。
  • カロッツェリア・TS-V172A(税抜価格:6万円)に付属の、パッシブクロスオーバーネットワーク。信号を、「高域」と「中低域」に“帯域分割”するためのユニットだ。
“サウンドチューニング”のあれこれを解説している当コーナー。今月は、先月から引き続いて「タイムアライメント」について掘り下げている。今週からは、“ライトなタイプ”の「タイムアライメント」における、スペシャル・テクニックをご紹介していく。

ここまで2回にわたって、“ライトなタイプ”の「タイムアライメント」について解説してきた。“ライトなタイプ”とは、トゥイーターとミッドウーファーを個別にコントロールするのではなく、1つのスピーカーと見立ててコントロールするものを指す。AV一体型カーナビの上級モデル等で採用されている、入門的な「タイムアライメント」である。

そして今週からは、“ライトなタイプ”をハイエンドユニット的に運用するやり方をご紹介していこうと思う。それはどのような方法なのかというと…。ずばり、「バイアンプ方式を活用した運用術」である。

今回はまず、「バイアンプ」とは何なのか、から解説していく。

さて、通常のシステムでは、左右にあるフロントスピーカーをそれぞれ、パワーアンプから出力される1ch分の信号を使って鳴らしている。1ch分の出力を、パッシブクロスオーバーネットワーク(タイトル写真がその1例)に接続し、ネットワーク内で信号を「高域」と「中・低域」に分割。そしてそれぞれを、トゥイーターとミッドウーファーに伝送する。

それに対して「バイアンプ方式」とは、パッシブクロスオーバーネットワークのトゥイーター用の入力端子に1つ目の右ch出力を接続し、同じくネットワークのミッドウーファー用の入力端子に、もう1つの右ch出力を接続する、という方式となる。

つまり、右のスピーカーに対してパワーアンプの2ch分の出力を使い、左のスピーカーに対してもパワーアンプの2ch分の出力を使う、というわけなのだ。

ナビをソースユニットとしているシステムにおいては、次のような形となる。フロントの右出力をネットワークのミッドウーファー用の入力端子に接続し、リアの右出力を、ネットワークのトゥイーター用の入力端子に接続する、という具合だ。

こうすることでリアスピーカーは鳴らせなくなるが、フロントスピーカーに計4chのパワーアンプをあてがうことで、よりリッチにサウンドを響かせることが可能となる。いわば、音質アップのためのスペシャルな接続方式なのである。

今回は、ここまでとさせていただく。次週は「バイアンプ方式」のメリットを、さらに詳しく解説していく。次回もお読み逃しなきように。

【サウンドチューニング・マニュアル】「タイムアライメント」編 Part.6 「ライトなタイプでの実践方法 その3」

《太田祥三》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 【ユーロNCAP】スバル レヴォーグ、最高評価の5つ星

    【ユーロNCAP】スバル レヴォーグ、最高評価の5つ星

  2. ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

    ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

  3. ZMP、車載開発向けプラットフォーム DRIVE PX2 の取扱開始…周囲の状況を把握

    ZMP、車載開発向けプラットフォーム DRIVE PX2 の取扱開始…周囲の状況を把握

  4. クルマの中だけではないKKP! 自宅やオフィスでも便利に使える

  5. ZMP、自動運転用ソフトウェア搭載の超小型EVベースロボットカーを発売

  6. “自動運転”は夢物語ではない…ZFの技術が実現する未来の車社会とは

  7. 「カロッツェリア・サイバーナビは音が良い」というウワサの真偽を徹底検証! Part.2「サウンドチューニング能力のポテンシャル」に迫る!

  8. 車内でもハイレゾ音源を…話題沸騰中の Clarion『Full Digital Sound』 はメインストリームとなるか

  9. タカタ製エアバッグのリコール、ホンダの修理完了率は4割…米国

  10. ジープ レネゲード、米国でリコール…トレーラー牽引装置に不具合

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら