アウディ神戸西、「ターミナルコンセプト」導入し営業開始

自動車 ビジネス 国内マーケット

アウディ A4 新型
  • アウディ A4 新型
  • 新型アウディ Q7
  • アウディ A3 セダン
アウディジャパンは、正規販売店の阪神小型モータースが「アウディ神戸西」を2月12日から営業開始したと発表した。

アウディ神戸西は、市内幹線道路である県道21号線沿いに位置する。日本の名城100選に挙げられる明石城にも近く、周辺には輸入車ディーラーや商業施設が集積する。第二神明高速・大蔵谷ICから約1.5kmと、交通利便性の高いロケーションに位置する。

ショールームには、最新CI/CDであるターミナルコンセプトを導入。店舗の外板には、ラジエターをイメージさせるアルミ材によるハニカムパネルファサードを採用し、内部はサーキットのバンクをイメージした曲線を採り入れる。ショールームのカラーは、ホワイトとグレーのモノトーンで統一する。

ショールーム面積は658平方メートルで、アウディの新車9台を展示できるスペースを備える。サービス工場は一般ベイ3カ所、アライメント兼検査ベイとして1カ所設けた。

新拠点の住所は兵庫県神戸市西区伊川谷町有瀬1391-1

アウディジャパンでは、成長戦略の一環として、顧客のとのコンタクトポイントである店舗展開を積極的に進めてるとともに、最新のCI/CDを導入した店舗施設や運営面での質的向上を図っている。今後も製品ラインアップの拡大に合わせて店舗の大規模化を積極的に推進する方針。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ パナメーラ 初代、生産終了…7年の歴史に幕

    ポルシェ パナメーラ 初代、生産終了…7年の歴史に幕

  2. 【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

    【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

  3. 茨城日産、ルノーつくばを新規オープン…県内2店舗目 9月3日

    茨城日産、ルノーつくばを新規オープン…県内2店舗目 9月3日

  4. アストンマーティン アジア太平洋地区代表「日本を主要市場と位置付けている」

  5. 大豊工業グループ、エンジンベアリングの生産能力を増強へ

  6. 二次電池世界市場、2020年には25.7%増…8兆1456億円に拡大

  7. カレコカーシェアリング、レクサス 3車種を都内3ステーションに導入

  8. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

  9. 30年間使用された免震ゴム、性能を維持---ブリヂストンが確認

  10. JXホールディングスと東燃ゼネラルが経営統合へ「JXTGホールディングス」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら