東京メトロ、小竹向原駅の連絡線工事が完成…有副線の遅れ改善へ

鉄道 企業動向

連絡線の工事前(上)と工事後(下)のイメージ。平面交差の解消によりダイヤが乱れた際の回復時間が短縮される。
  • 連絡線の工事前(上)と工事後(下)のイメージ。平面交差の解消によりダイヤが乱れた際の回復時間が短縮される。
  • 東京メトロ有楽町線・副都心線と西武有楽町線の線路が合流する小竹向原駅。
東京地下鉄(東京メトロ)は2月12日、有楽町線の小竹向原駅(東京都練馬区)と千川駅(豊島区)を結ぶ連絡線のうち、和光市方面の連絡線が完成したと発表した。2月14日の初発から使用を開始する。

小竹向原駅は、東京メトロの有楽町線・副都心線と西武鉄道の西武有楽町線が接続している駅。和光市方面~新木場方面と和光市方面~渋谷方面、練馬方面~新木場方面、練馬方面~渋谷方面の4系統が乗り入れているが、小竹向原~千川間では有楽町線と副都心線の列車が平面で交差している部分があり、ダイヤが乱れた際は列車の輻輳が発生しやすく、遅れが拡大していた。

このため東京メトロは、小竹向原駅の1・4番線から千川駅の有楽町線1・2番線まで、副都心線の線路と平面交差しない連絡線の整備に着手。池袋方面への線路は2013年2月に完成し、和光市方面への連絡線も今年2月14日から使用を開始することになった。

東京メトロは連絡線設置工事の完成により「輸送障害等によりダイヤが乱れた際でもその影響を軽減し、定時運転へ復帰するまでの時間を短縮するなど安定輸送に寄与する効果があります」としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  3. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

    札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  4. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  5. JR東日本、山手線新型電車の本格投入は来春から…現在の車両は中央・総武緩行線へ

  6. JR西日本、225系「アップデート」車両を公開…阪和線などに投入

  7. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  8. JR西日本、大阪環状線寺田町駅の旧駅名標を現地で保存…右横書きの跡残る

  9. 運輸審議会、宇都宮LRT計画で公聴会の開催を決定…7月26日

  10. 東急電鉄など、初の座席指定列車を西武車で運転…来春から

アクセスランキングをもっと見る