ユニクロ、新潟スペシャル五輪にスタッフウェア3000着無償提供

エンターテインメント 話題

ユニクロは、新潟県内で2月12日~2月14日まで開催される「第6回スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・新潟」に協賛する。

同社は、大会期間中に運営スタッフ・ボランティアが着用するパーカとフリースジャケット計3050着を提供。ボランティアスタッフとして、ユニクロ従業員29名が大会運営の支援を行う。

また、今回初めてユニクロ商品を販売する特別ブースを会場に設置。スペシャルオリンピックス日本に売上の一部を寄付する。

スペシャルオリンピックスは、知的障がい者のスポーツの祭典。オリンピックと同様に夏季・冬季、それぞれ4年に一度世界大会を開催している。新潟大会は、2017年にオーストリアで開催するスペシャルオリンピックス冬季世界大会の国内選考も兼ねて行われる。

ユニクロは2002年より、スペシャルオリンピックス日本のオフィシャルパートナーとして、8回の世界大会で日本選手団公式ユニフォーム計7226セット、今大会を含む国内大会11回と国内開催の国際大会でスタッフ・ボランティア用ユニフォーム計4万9750着を提供している。国内大会に派遣した社員ボランティアの数は延べ498名。

ユニクロが「スペシャルオリンピックス」にスタッフユニフォーム提供

《美坂柚木@CycleStyle》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品