ダイムラー、米国で84万台リコール…タカタ製エアバッグの不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット

ダイムラーのロゴ
  • ダイムラーのロゴ
ドイツの自動車大手、ダイムラーは2月9日、タカタ製エアバッグの不具合により、米国でおよそ84万台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。

このリコールは、タカタ製のエアバッグのインフレーター(膨張装置)の不具合によるもの。ガス発生剤の成型工程や成型後の吸湿防止措置が正しく行われず、密度が不足したガス発生剤が組み込まれた可能性がある。これにより、エアバッグ展開時にインフレーター内圧が異常上昇。インフレーター容器が破損して飛び散り、出火や乗員が負傷する恐れがあるという内容。

今回のダイムラーのリコールは、米国で2015年12月、フォード『レンジャー』が事故を起こし、エアバッグの異常破裂で乗員が死亡したことを受けての対応。タカタのエアバッグ問題では、ホンダ以外の自動車メーカーで初の死亡事故となったことから、米当局が自動車メーカーに対して、リコールを要請していた。

ダイムラーの場合、米国で販売された約84万台がリコールの対象。その内訳は、メルセデスベンツ乗用車が約70万5000台、ダイムラー商用車が約13万6000台となる。

ダイムラーは、「リコール関連費用として、2015年通期決算に、約3億4000万ユーロ(約430億円)を計上する」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

    「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  2. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

    小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  3. ボルボ買収の中国吉利、南米衝突テストに失格

    ボルボ買収の中国吉利、南米衝突テストに失格

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】シェフラージャパン、電動化によるバルブタイミング制御技術などを紹介

  5. ドラ割「北海道ETC夏トクふりーぱす」販売開始…高速3日間乗り放題で7900円

  6. 三菱自、開発部門副社長に日産の山下元副社長

  7. ブリヂストン米子会社、ベネズエラ事業を売却

  8. ZMP、実車とドライブシミュレーターを組み合わせた実験走行サービスを開始

  9. ボルボカーズ傘下のポールスター、新CEOを指名

  10. ヒュンダイ、カナダ累計販売200万台…33年で達成

アクセスランキングをもっと見る