京都大学、研究を事業化…ベンチャー創出し150億円出資

エンターテインメント 話題

 京都大学は、京都大学イノベーションキャピタル(京大iCap)を無限責任組合員とするベンチャーファンドへ150億円出資し、1月に投資業務を開始した。運用期間は設立の翌日より15年間で、新産業の創生や社会的価値の創出につなげる取組みを行っていくという。

 京大iCapは京都大学が100%出資して設立したベンチャーキャピタル。2015年10月6日に文部科学省・経済産業省により特定研究成果活用支援事業計画が認定され、11月25日に文部科学省による認可を得たこと受け、2016年1月に投資業務を開始した。

 ファンド「イノベーション京都2016投資事業有限責任組合」の投資対象は、京都大学の研究者による研究成果等の事業化を目指す(未上場)企業や、5~10年程度での事業化と投資資金の回収が見込まれる企業。業種を限定せず幅広い学問分野の「京都大学の知」に対して投資を行うという。

 基礎研究に厚みのある京都大学の研究成果は、実用化までに長い時間を要するものが多いことから、民間ベンチャーキャピタルの一般的なファンド運用期間(10年間)よりも長い15年間の運用期間を設ける。

 今後、京都大学は産官学連携本部を中心に京大iCapや学内外機関との連携を深め、世界最高水準の独創的な研究開発を支援し、その成果を新産業の創生や社会的価値の創出につなげる取組みを行っていくという。

京大発ベンチャー創生、150億円のファンド出資

《工藤めぐみ》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品