人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

日立、低濃度バイオエタノールで高効率に発電するシステムを試作

自動車 ビジネス 企業動向

日立製作所は、宮古島新産業推進機構と40%低濃度バイオエタノール燃料で発電する高効率発電システムの試作に成功したと発表した。

発電システムの発電機に搭載したエンジンは、排熱を利用して低濃度バイオエタノール燃料から水素を発生、低濃度バイオエタノールと水素を燃焼して動かすことで、動力変換効率を高めている。40kWの発電システムで実証実験を行ったところ、45%の動力変換効率を確認した。

燃料に用いたバイオエタノールは、40%と低濃度で、危険物として扱う必要がなく、安全性を確保できる。バイオエタノールは、宮古島産のサトウキビ由来の廃糖蜜を原生酵母で発酵させた後、蒸留して効率的に製造し、従来方法で低濃度バイオエタノールを製造する場合に比べ、エネルギーを約40%削減できる。

今回の成果は、これまで主に自動車燃料に利用されてきたバイオエタノールの用途を発電分野へと広げるもの。今後、CO2排出量の削減効果が大きな地域分散型発電の実用化を目指して研究開発を進めるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ パナメーラ 初代、生産終了…7年の歴史に幕

    ポルシェ パナメーラ 初代、生産終了…7年の歴史に幕

  2. カレコカーシェアリング、レクサス 3車種を都内3ステーションに導入

    カレコカーシェアリング、レクサス 3車種を都内3ステーションに導入

  3. 【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

    【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

  4. 30年間使用された免震ゴム、性能を維持---ブリヂストンが確認

  5. 二次電池世界市場、2020年には25.7%増…8兆1456億円に拡大

  6. マツダ、タイ工場のエンジン生産能力を3倍に増強

  7. 4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

  8. JXホールディングスと東燃ゼネラルが経営統合へ「JXTGホールディングス」

  9. 笹子トンネル天井板崩落事故、損賠判決確定後初めての遺族説明会...中日本高速・宮池社長

  10. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

アクセスランキングをもっと見る