人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

日産、第3四半期純利益は34%増の4528億円と過去最高

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車が2月10日に発表した2016年3月期の第3四半期累計(4-12月期)連結決算は、北米の販売好調や円安効果などにより、営業利益は前年同期比41%増の5875億円と大幅な増益を確保した。

純利益も34%増の4528億円となり、同期では過去最高となった。新車販売は日本が苦戦したものの主力の北米は10%増の149万台に達し、グローバルでは1%増の389万台と、同期で最高になった。営業損益段階の為替効果は198億円だった。また、購買での原価低減などコスト項目の改善では1423億円を確保した。

通期は、営業利益7300億円(前期比24%増)、純利益5350億円(17%増)の従来予想を据え置いた。通期の前提レートは1ドル119.4円としている。会見した田川丈二常務執行役員は通期の見通しについて「好調な北米と西欧の勢い、そしてコストの効率化の継続で新興国での販売不振や不安定な為替動向を打ち消すことができる」と述べた。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

    三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  2. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  3. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  4. 日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

  5. データシステム、車種別サイドカメラキットに新型プリウス用を追加

  6. レギュラーガソリン、前週比0.5円安の122.2円…4週連続の値下がり

  7. 【リコール】日野プロフィア など1万7000台、走行不能になるおそれ

  8. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  9. ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

  10. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

アクセスランキングをもっと見る