JR北海道、留萌線の一部「気温上昇」で運休へ…2月12日から

鉄道 企業動向

留萌本線の増毛駅。2月12日から当面の間、終日運休となる。
  • 留萌本線の増毛駅。2月12日から当面の間、終日運休となる。
  • 留萌本線留萌~瀬越間を行く普通列車。2月12日から当面の間、留萌~増毛間のみ終日運休となる。
JR北海道は2月9日、留萌本線の留萌(北海道留萌市)~増毛(増毛町)間16.7kmを当面の間、運休すると発表した。同社は「気温上昇の影響による雪崩の恐れがあるため」としている。

発表によると、運休するのは上下計13本。旭川・深川~増毛間の12本は留萌~増毛間のみ部分運休し、増毛~留萌間の1本は全区間運休になる。運休期間は2月12日から当面の間としている。

代行輸送は行わないが、沿岸バスの路線バス(留萌別苅線)が留萌駅前~増毛駅前間で1日9往復運行されている。

留萌~増毛間は2015年も、雪解けによる雪崩の影響を懸念して2月から4月まで運休した。1日1kmの平均通過人員(旅客輸送密度)は2014年度で39人と極端に少なく、JR北海道は2015年8月、この区間を廃止する方針を示している。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  3. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

    デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  4. 【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

  5. 富士山駅「誕生」5周年イベント…富士急行、7月に開催

  6. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  7. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  8. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  9. 「JR東日本アプリ」が進化、アクセス集中時に表示を変更

  10. エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

アクセスランキングをもっと見る