JR北海道、留萌線の一部「気温上昇」で運休へ…2月12日から

鉄道 企業動向

留萌本線の増毛駅。2月12日から当面の間、終日運休となる。
  • 留萌本線の増毛駅。2月12日から当面の間、終日運休となる。
  • 留萌本線留萌~瀬越間を行く普通列車。2月12日から当面の間、留萌~増毛間のみ終日運休となる。
JR北海道は2月9日、留萌本線の留萌(北海道留萌市)~増毛(増毛町)間16.7kmを当面の間、運休すると発表した。同社は「気温上昇の影響による雪崩の恐れがあるため」としている。

発表によると、運休するのは上下計13本。旭川・深川~増毛間の12本は留萌~増毛間のみ部分運休し、増毛~留萌間の1本は全区間運休になる。運休期間は2月12日から当面の間としている。

代行輸送は行わないが、沿岸バスの路線バス(留萌別苅線)が留萌駅前~増毛駅前間で1日9往復運行されている。

留萌~増毛間は2015年も、雪解けによる雪崩の影響を懸念して2月から4月まで運休した。1日1kmの平均通過人員(旅客輸送密度)は2014年度で39人と極端に少なく、JR北海道は2015年8月、この区間を廃止する方針を示している。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 【SL乗務員OBトーク #2】水がない情けなさ、急勾配のリアル

    【SL乗務員OBトーク #2】水がない情けなさ、急勾配のリアル

  2. 【SL乗務員OBトーク #1】弁当が腐らない蒸機、闇添、ゴサンと生きる

    【SL乗務員OBトーク #1】弁当が腐らない蒸機、闇添、ゴサンと生きる

  3. 「電車と駅舎」デザインの講演会…日本建築学会 10月20日

    「電車と駅舎」デザインの講演会…日本建築学会 10月20日

  4. 神奈川東部方面線、2022年下期の開業に…当初より3年遅れ

  5. JR東海、高山本線の高山駅を橋上化…通路に「祭屋台」

  6. JR西日本、山陰エリアにICカード導入…岡山エリアと接続

  7. ホームドア設置「前倒しは難しい」...東京メトロ

  8. JR北海道、台風の影響で一部運休続く…保線車両も脱線

  9. 西武鉄道の多摩湖線、台風9号で土砂流入…再開まで1カ月か

  10. ホームドア設置計画とホーム警備員増配置を見直す...東京メトロ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら