ヤマハ発動機、無人ヘリコプターの寒冷地試験を大樹町で実施

航空 企業動向

大樹町(北海道)は、ヤマハ発動機が無人ヘリコプターの寒冷地試験を実施したと発表した。

無人航空機には、多くの種類があるが、中でも無人ヘリコプターはホバリング飛行ができることが最大の特徴。無人ヘリコプターは、ホバリング飛行することで、農薬の散布、火山や地すべりといった人の近づけない環境の観測などに利用されている。

同社は、無人ヘリコプターを開発しており、今回、大樹町多目的航空公園で寒冷地試験を実施した。

試験は早朝から、時には気温マイナス18度に冷え込む中で実施したが、試験は無事終了し、低温環境下での様々な飛行データが得られた模様としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. エア・カナダ、トロント=アボッツフォード線の季節運航を再開

    エア・カナダ、トロント=アボッツフォード線の季節運航を再開

  2. 東レ、炭素繊維トレカを使用したプリプレグをエアバス機に初供給…A380に採用

    東レ、炭素繊維トレカを使用したプリプレグをエアバス機に初供給…A380に採用

  3. 三菱航空機 MRJ、米国での飛行試験に向け7月以降に出発

    三菱航空機 MRJ、米国での飛行試験に向け7月以降に出発

  4. 三栄書房、超小型ドローンを書店で発売開始…ホビーシリーズ第1弾

  5. ボンバルディア、CRJ900型機10機の受注が確定…顧客名は非公表

  6. 三菱重工、MRJ向け部品の表面処理・塗装工場を新設へ…トヨタ系サプライヤーとの合弁

  7. スカイマーク、「また乗りたいね!」推進室を新設

  8. 24年ぶりの直行便就航…エア・セルビアがベオグラード=ニューヨーク線を開設

  9. JAL、新しい座席「スカイスイート777」を羽田=バンコク線に導入

  10. 【地上で働くパイロット】業務の半分はデスクワーク、飛行機操縦だけが仕事ではない

アクセスランキングをもっと見る