人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

エンジニア意識調査、業務と関係の深い技術系トレンドワードのトップは「自動運転」

自動車 ビジネス 国内マーケット

キャリア応援マガジン「fabcross for エンジニア」は、製造業(電気・機械系)で働くエンジニア1000人を対象に、「技術系トレンドワード」に関するアンケート調査を実施。その結果を発表した。

事前に機電系エンジニア907人に対して、「今、最も注目している技術系トレンドワード」を最大3つまで回答してもらった結果、「自動運転」「ドローン」「IoT」「ビッグデータ」「AI(人工知能)」「ロボット」「FA」「燃料電池自動車」「クラウド」「電気自動車」「ウェアブル」「3Dプリンタ」「インダストリー4.0」「4K/8K」「ディープラーニング」といった技術系トレンドワードが上位に並んだ。

続いて、注目している技術系トレンドワード上位15個それぞれに対して、業務との関わりについて尋ねてみところ、「業務の中で、活用中の技術」として挙げられたのは、「クラウド」(19.1%)、「FA」(13.2%)、「ロボット」(13.0%)の順だった。「まだ活用してはいないが、今後の業務に関わりそうな技術」という答えが多かったのは、「AI(人工知能)」(22.1%)、「ビッグデータ」(21.8%)、「IoT」(21.7%)。「今後、業務と関わるかよく分からないが、情報収集・学習中の技術」としたのは、「ドローン」(30.8%)、「自動運転」(27.9%)、「電気自動車」(26.5%)という並びになった。

さらに、上位15個の技術系トレンドワードのどれか1つでも「業務の中で、活用中の技術」「まだ活用してはいないが、今後の業務に関わりそうな技術」「今後、業務と関わるかよく分からないが、情報収集・学習中の技術」のいずれかを選んだ回答者に、「業務と最も関係が深い(あるいは深くなりそうな)ワード」を1つだけ選んでもらった。その結果、最も多かったのは「自動運転」で14.5%、次いで「IoT」で13.4%だった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

    【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

  2. デンソーの人工知能プロジェクト…ADAS研究における立ち位置

    デンソーの人工知能プロジェクト…ADAS研究における立ち位置

  3. 作業効率が大幅にアップするバランスウエイト。マルエム、1年がかりの自信作

    作業効率が大幅にアップするバランスウエイト。マルエム、1年がかりの自信作

  4. 日本車初期品質、ブランド別でトヨタがトップ…JDパワー

  5. ランボルギーニ青山、エアロダイナミックキット装着の ウラカン を展示…9月3日・4日

  6. スタッドレスタイヤ購入先、オートバックスが2年連続トップ

  7. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  8. ボッシュ、日本初のサービスセンター開設…eCallの提供を開始

  9. デンソーの人工知能プロジェクト…ねらいは車載器とIoT

  10. ドバイ警察、今度はポルシェ 918スパイダー をパトカーに配備

アクセスランキングをもっと見る