エンジニア意識調査、業務と関係の深い技術系トレンドワードのトップは「自動運転」

自動車 ビジネス 国内マーケット

キャリア応援マガジン「fabcross for エンジニア」は、製造業(電気・機械系)で働くエンジニア1000人を対象に、「技術系トレンドワード」に関するアンケート調査を実施。その結果を発表した。

事前に機電系エンジニア907人に対して、「今、最も注目している技術系トレンドワード」を最大3つまで回答してもらった結果、「自動運転」「ドローン」「IoT」「ビッグデータ」「AI(人工知能)」「ロボット」「FA」「燃料電池自動車」「クラウド」「電気自動車」「ウェアブル」「3Dプリンタ」「インダストリー4.0」「4K/8K」「ディープラーニング」といった技術系トレンドワードが上位に並んだ。

続いて、注目している技術系トレンドワード上位15個それぞれに対して、業務との関わりについて尋ねてみところ、「業務の中で、活用中の技術」として挙げられたのは、「クラウド」(19.1%)、「FA」(13.2%)、「ロボット」(13.0%)の順だった。「まだ活用してはいないが、今後の業務に関わりそうな技術」という答えが多かったのは、「AI(人工知能)」(22.1%)、「ビッグデータ」(21.8%)、「IoT」(21.7%)。「今後、業務と関わるかよく分からないが、情報収集・学習中の技術」としたのは、「ドローン」(30.8%)、「自動運転」(27.9%)、「電気自動車」(26.5%)という並びになった。

さらに、上位15個の技術系トレンドワードのどれか1つでも「業務の中で、活用中の技術」「まだ活用してはいないが、今後の業務に関わりそうな技術」「今後、業務と関わるかよく分からないが、情報収集・学習中の技術」のいずれかを選んだ回答者に、「業務と最も関係が深い(あるいは深くなりそうな)ワード」を1つだけ選んでもらった。その結果、最も多かったのは「自動運転」で14.5%、次いで「IoT」で13.4%だった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  3. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

    ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  5. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  6. 【リコール】スズキ ソリオ など5万台、エアバッグが開かないおそれ

  7. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  8. 【ウェルフェア16】ホンダ、ステップワゴン 車いす仕様車などを出展

  9. トムス、ハイブリッドシフトノブを発売…プリウス/レクサスCT/アクア用

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】スバル、スズキ、いすゞ、日野…自動車メーカーのココ見て![フォトレポート]

アクセスランキングをもっと見る