日本ピストンリング第3四半期決算…北米での販売好調で営業益19.6%増

自動車 ビジネス 企業動向

日本ピストンリングは2月9日、2015年4-12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高391億9100万円(前年同期比+2.8%)、営業利益19億2900万円(+19.6%)、経常利益は19億3500万円(+4.5%)、四半期純利益は13億3400万円(-36.4%)だった。

自動車関連製品事業は、中国をはじめとするアジア新興国の景気減速の影響を受けたものの、北米における販売が好調だったこと、また非日系自動車メーカー向けの拡販が進んだことにより売上は増加。損益面も、償却負担が増加したものの、原価低減の効果や退職給付費用の軽減等により、営業利益は19.6%の大幅増となった。純利益については前年同四半期に投資有価証券売却益を計上していたことから23.6%のマイナスとなった。

通期業績見通しについては、前回予測を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

    燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  2. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

    【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

  4. マツダ、SKYACTIV-Dの燃焼室構造が全国発明表彰 恩賜発明賞を受賞

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】 クラリティ の大小水素タンク2本が丸見え、 MIRAI との違い…ホンダ

  6. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  7. 日産ミスフェアレディに新人8名…総勢21名の2016年度新体制発表

  8. 【人とくるまのテクノロジー16】未体験の視点、透明なクルマに乗って触って…ZF

  9. 日本の自動車メーカーの米国雇用、過去最高の46万人…2015年

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】現行 リーフ の倍、60kWhバッテリーを参考出品…日産

アクセスランキングをもっと見る