ヒュンダイのインド販売、1.2%減の4.4万台…輸出が大幅減 1月

自動車 ビジネス 海外マーケット

ヒュンダイ クレタ
  • ヒュンダイ クレタ
  • 新型 ヒュンダイ i20 エリート
  • ヒュンダイ グランドi10
  • ヒュンダイ i20 アクティブ
インド乗用車市場において、シェア第2位の韓国ヒュンダイモーター(現代自動車、以下、ヒュンダイ)のインド法人、ヒュンダイモーターインディアリミテッドは、1月のインド新車販売の結果を公表した。

同社の発表によると、1月の総販売台数(輸出を含む)は、4万4230台。前年同月比は1.2%減と、マイナスに転じた。

4万4230台の内訳は、インド国内販売分が3万8016台。前年同月比は9.3%増と、引き続きプラス。一方、輸出分は6214台。前年同月比は37.9%減と、大幅な落ち込みが続く。

インド国内販売では、新型コンパクトSUVの『クレタ』をはじめ、『エリートi20』と『i20アクティブ』が好調。『グランドi10』も、販売が伸びた。

ヒュンダイモーターインディアリミテッドのRakesh Srivastava営業&マーケティング担当副社長は、「ヒュンダイの1月インド国内販売は、前年同月比9.3%増と良好なスタートを切った」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

    「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

  2. 三菱自、燃費不正問題で特別損失1億円を計上

    三菱自、燃費不正問題で特別損失1億円を計上

  3. ガソリン11週連続値上がり、レギュラー前週比0.4円高の119.2円

    ガソリン11週連続値上がり、レギュラー前週比0.4円高の119.2円

  4. 三菱自、益子会長が社長職を兼任…副社長3名は退任

  5. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  6. 旭化成、リチウムイオン二次電池用セパレーターの設備能力を増強

  7. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  8. 米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

  9. ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  10. 【カーエレ最前線】ライティングでドレスアップという選択

アクセスランキングをもっと見る