ヒュンダイのインド販売、1.2%減の4.4万台…輸出が大幅減 1月

自動車 ビジネス 海外マーケット

ヒュンダイ クレタ
  • ヒュンダイ クレタ
  • 新型 ヒュンダイ i20 エリート
  • ヒュンダイ グランドi10
  • ヒュンダイ i20 アクティブ
インド乗用車市場において、シェア第2位の韓国ヒュンダイモーター(現代自動車、以下、ヒュンダイ)のインド法人、ヒュンダイモーターインディアリミテッドは、1月のインド新車販売の結果を公表した。

同社の発表によると、1月の総販売台数(輸出を含む)は、4万4230台。前年同月比は1.2%減と、マイナスに転じた。

4万4230台の内訳は、インド国内販売分が3万8016台。前年同月比は9.3%増と、引き続きプラス。一方、輸出分は6214台。前年同月比は37.9%減と、大幅な落ち込みが続く。

インド国内販売では、新型コンパクトSUVの『クレタ』をはじめ、『エリートi20』と『i20アクティブ』が好調。『グランドi10』も、販売が伸びた。

ヒュンダイモーターインディアリミテッドのRakesh Srivastava営業&マーケティング担当副社長は、「ヒュンダイの1月インド国内販売は、前年同月比9.3%増と良好なスタートを切った」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

    VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  2. 米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

    米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

  3. パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

    パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

  4. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

  5. 台風9号、JAFへのロードサービス依頼は534件

  6. ホンダ、熊本製作所が通常稼働を再開…震災から4か月

  7. 三菱 RVR など3車種、米国でリコール…CVTに不具合

  8. 自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

  9. 国内初のリチウムイオンバッテリー搭載フォークリフト、トヨタL&Fが発売

  10. サスペンションが慣性エネルギーを電力に変換…アウディが開発

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら