ヤマハ発、今期年配当を6割増の70円に

自動車 ビジネス 企業動向

ヤマハ発動機は2月9日の決算発表で2016年12月期の年配当を、前期より26円(約6割)の増配となる70円とする予想を示した。第2 四半期末と期末に、それぞれ35円を配当する。

今期からの新中期経営計画で、株主還元の拡充を打ち出しており、配当性向は30%を基準としていく方針。今期の純利益予想は800億円(前期比33%増)であり、これに基づいて年70円配当を計画した。配当性向は30.6%となる。

同日、都内で記者会見した柳弘之社長は、「前期までは20%を下限とする配当方針だったが、30%を目安とできる経営体質になってきた」と、増配について説明した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  3. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

    小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  4. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  5. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  6. 自動車の街デトロイト、Uber 普及の原動力は「安心感」

  7. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  8. 【リコール】スズキ ソリオ など5万台、エアバッグが開かないおそれ

  9. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  10. 【インタビュー】メルセデスベンツの悩みが純正サウンドチューンパックを生み出した

アクセスランキングをもっと見る