ヤマハ発 柳社長「円高影響は商品効果とコストダウンで吸収する」

自動車 ビジネス 企業動向

ヤマハ発動機 柳弘之社長
  • ヤマハ発動機 柳弘之社長
ヤマハ発動機の柳弘之社長は2月9日の決算発表会見で、今期(2016年12月期)の減益要因となる為替の円高について「商品効果とコストダウンで吸収していく」と述べた。

同社は今期の前提レートを1ドル117円、1ユーロ127円などと設定、連結営業利益は前期比横ばいの1200億円の予想とした。営業損益段階での為替の減益効果は178億円と、85億円の増益効果だった前期から状況が一変する。

こうした為替影響を、新製品などの商品効果による販売増や、コストダウンでカバーする構えだ。柳社長はコストダウンについて「二輪車で展開を進めているプラットフォームの効果」が大きいと指摘した。これらにより、柳社長は「(前提とする)1ドル117円以上の円高になっても、いく分かはコストダウンで吸収できるよう取り組みたい」と語った。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

    テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

  2. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

    いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  3. ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

    ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

  4. テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

  5. マクラーレン、2016年販売は倍増の見通し…スポーツシリーズ効果

  6. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  7. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  8. 村田製作所、車載カメラに最適な巻線インダクタを商品化

  9. ドイツ高級3ブランドの中国販売、アウディが首位 6月

  10. 宅配便取扱実績…ヤマト運輸、個数トップもメール便は2割減 2015年度

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら