ヤマハ発 柳社長「円高影響は商品効果とコストダウンで吸収する」

自動車 ビジネス 企業動向

ヤマハ発動機 柳弘之社長
  • ヤマハ発動機 柳弘之社長
ヤマハ発動機の柳弘之社長は2月9日の決算発表会見で、今期(2016年12月期)の減益要因となる為替の円高について「商品効果とコストダウンで吸収していく」と述べた。

同社は今期の前提レートを1ドル117円、1ユーロ127円などと設定、連結営業利益は前期比横ばいの1200億円の予想とした。営業損益段階での為替の減益効果は178億円と、85億円の増益効果だった前期から状況が一変する。

こうした為替影響を、新製品などの商品効果による販売増や、コストダウンでカバーする構えだ。柳社長はコストダウンについて「二輪車で展開を進めているプラットフォームの効果」が大きいと指摘した。これらにより、柳社長は「(前提とする)1ドル117円以上の円高になっても、いく分かはコストダウンで吸収できるよう取り組みたい」と語った。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  2. ダイハツ、トヨタの完全子会社化を株主総会で承認

    ダイハツ、トヨタの完全子会社化を株主総会で承認

  3. 【リコール】トヨタ プリウス など74万台、カーテンエアバッグに不具合

    【リコール】トヨタ プリウス など74万台、カーテンエアバッグに不具合

  4. VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

  5. スタイリッシュな車載防災セット、カーエマージェンシーボックス発売

  6. マツダ、グローバル生産台数が17か月ぶりのマイナス…5月実績

  7. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は17か月連続マイナス…5月実績

  8. 三菱自動車、燃費データ不正で軽自動車販売75%減…5月実績

  9. 日産、デイズ 販売停止の影響で国内販売26.2%減…5月実績

  10. レギュラーガソリン、前週から横ばいの124円…関東では0.2円値下がり

アクセスランキングをもっと見る