ヤマハ発 柳社長「円高影響は商品効果とコストダウンで吸収する」

自動車 ビジネス 企業動向

ヤマハ発動機 柳弘之社長
  • ヤマハ発動機 柳弘之社長
ヤマハ発動機の柳弘之社長は2月9日の決算発表会見で、今期(2016年12月期)の減益要因となる為替の円高について「商品効果とコストダウンで吸収していく」と述べた。

同社は今期の前提レートを1ドル117円、1ユーロ127円などと設定、連結営業利益は前期比横ばいの1200億円の予想とした。営業損益段階での為替の減益効果は178億円と、85億円の増益効果だった前期から状況が一変する。

こうした為替影響を、新製品などの商品効果による販売増や、コストダウンでカバーする構えだ。柳社長はコストダウンについて「二輪車で展開を進めているプラットフォームの効果」が大きいと指摘した。これらにより、柳社長は「(前提とする)1ドル117円以上の円高になっても、いく分かはコストダウンで吸収できるよう取り組みたい」と語った。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マヒンドラのSUV、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    マヒンドラのSUV、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  2. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  3. 自然に溶け込むアウトドア用品…ドッペルギャンガーのナチュラルシリーズ

    自然に溶け込むアウトドア用品…ドッペルギャンガーのナチュラルシリーズ

  4. トヨタ ヴィッツ、米国でリコール…サスペンションに不具合

  5. 【ハーマン オートモーティブ】未来のクルマに入り込む、世界最大級のオーディオブランド

  6. 【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

  7. FCA US、タカタ製エアバッグで追加リコール…約430万台

  8. 伊マニエッティ、上海市に中国新本社ビルを開設

  9. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  10. 【R-M ベストペインターコンテスト16】7試 8心技…現場で鍛えた腕とリズムで“色を塗る”

アクセスランキングをもっと見る