ヤマハ発、16年12月期の純利益は33%増の800億円を予想

自動車 ビジネス 企業動向

ヤマハ SR400
  • ヤマハ SR400
  • ヤマハ発動機 柳弘之社長
ヤマハ発動機は2月9日、2015年12月期の連結決算を発表するとともに、今期(16年12月期)の予想を公表した。今期の営業利益は成長投資の拡充などにより、前期比ほぼ横ばいの1200億円を見込んでいる。

今期の二輪車出荷は12%増の585万台の計画とした。インドネシアなどを含む主力のアジアでは、市場の悪化などで11%減となった前期実積から反転させ、14%増の489万台を目指していく。

電動化技術やロボット事業など成長投資の増額により、営業損益段階で100億円の減益影響を見込んだ。為替も前期のプラスからマイナス要因になる。一方で今期の純利益は、前期に一時的な法人税負担があったことなどにより、33%増の800億円と、大幅な増益予想としている。

15年12月期の営業利益はマリン部門の好調などにより、1204億円(38%増)を確保した。ヤマハは今期から18年12月期までの新中期経営計画を始動させており、最終年度の営業利益は1800億円を目標に掲げている。

記者会見した柳弘之社長は今期について「新興国市場の不透明感は変わらないが、安定的利益を確保して成長投資を進めていきたい」と語った。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

    ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  2. ドバイ警察、今度はポルシェ 918スパイダー をパトカーに配備

    ドバイ警察、今度はポルシェ 918スパイダー をパトカーに配備

  3. ガラス用フィルム施工…国家技能検定を開催 9月1日から受け付け

    ガラス用フィルム施工…国家技能検定を開催 9月1日から受け付け

  4. ピニンファリーナデザインの高級ルーフボックス、テルッツォが発売

  5. VW、サプライヤーと和解…独6工場の生産再開へ

  6. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

  7. 自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

  8. 韓国日産、排ガス不正問題で「キャシュカイ」販売停止…技術的改良を提案

  9. デンソー、自動運転技術の開発を強化…カーネギーメロン大金出教授が顧問に

  10. 【リコール】日野プロフィア4万5000台、エンジン不具合で出火のおそれ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら