いすゞ、新型 D-MAX がタイで約3万台の受注残…現地で増産に乗り出す

自動車 ビジネス 海外マーケット

いすゞ D-MAX 1.9Ddi ブルー・パワー(タイ国際モーターエキスポ15)
  • いすゞ D-MAX 1.9Ddi ブルー・パワー(タイ国際モーターエキスポ15)
  • いすゞ D-MAX 1.9Ddi ブルー・パワー(タイ国際モーターエキスポ15)
  • いすゞ自動車 川原誠 取締役専務執行役員
  • いすゞ自動車 決算会見
  • いすゞ D-MAX 1.9Ddi ブルー・パワー(タイ国際モーターエキスポ15)
いすゞ自動車の川原誠取締役専務執行役員は2月8日に都内で開いた決算会見で、2015年11月に全面改良したピックアップトラック『D-MAX』がタイで3万台近い受注残を抱えていることから、現地で増産する方針を明らかにした。

川原専務は「タイは経済の低迷が続いているが、昨年11月にモデルチェンジしたD-MAXが1.9リットル新型エンジンの燃費性能やスタイリングなど市場からは非常に高い評価を得て、現在3万台弱のバックオーダーを抱えている」と述べた。

D-MAXは今回の全面改良を機に搭載エンジンを従来の3リットルおよび2.5リットルの編成から、3リットルと1.9リットルに変更した。

川原専務は「他社のエンジンは2.4リットルクラスが主力の中、いすゞだけが飛び抜けて小排気量のエンジンを出したので、1.9リットルという排気量が市場からどうみられるか若干不安だった」と明かす。

しかも「今年1月から実施の燃費規制強化を前にした駆け込み需要が予想以上に大きく出ており、年明け以降にその反動も大きくなるとの予測から、新型D-MAXの生産量を10-12月期に当初計画より1万台減らした」という。

ところが「実際に販売が本格化すると1.9リットルエンジンモデルは燃費が良い上に結構走るということで非常に好調なことから、1-3月期に急きょ増産することにした」としている。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

    スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

  3. 【訃報】稲川スズキ元会長が死去

    【訃報】稲川スズキ元会長が死去

  4. 【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

  5. スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

  6. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  7. キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

  8. タカタ製エアバッグが異常破裂か、ホンダ車で新たな死者…マレーシア

  9. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

  10. ヤマト運輸、問い合わせにAIが自動で対応…LINE公式アカウントに機能追加

アクセスランキングをもっと見る