【新聞ウォッチ】“底冷え”のトヨタ、国内全工場停止で「プリウス」など納期遅れ

モータースポーツ/エンタメ 出版物

トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2016年2月9日付

●企業業績伸び鈍化、3月期見通し(読売・1面)

●NY円1時115円台、1年2カ月ぶり(読売・2面)

●トヨタ7万7000台減産、6日間で国内の全工場停止(読売・8面)

●国際線運賃燃油代加算ゼロに、全日空・日航4月から(朝日・1面)

●トヨタ労組一時金要求額平均258万円(朝日・6面)

●アウディ看板車「A4」全面改良(産経・10面)

●旬の人時の人16年ぶり輸入車販売トップ、ベンツ日本社長、上野金太郎さん(日経・2面)

●革新機構CEOに聞く、企業投資、再編が前提(日経・2面)

●スズキ、純利益最高、インドで販売好調、4~12月(日経・11面)

●トヨタ株一時昨年来安値に(日経・11面)

●いすゞ純利益3%減、4~12月(日経・15面)


ひとくちコメント

暦のうえでは「立春」が過ぎたが、国内全工場が止まったトヨタ自動車では“底冷え”状態に見舞われている。

東日本大震災が起きた2011年以来、約5年ぶりの「トヨタ国内工場停止」については、2月8日の各紙の夕刊でも「堤工場(愛知県豊田市)の正門前は人の出入りがほとんどなく、広大な駐車場にとめられた車もまばらだった」などと、報じられたが、きょうも読売などが取り上げている。

それによると、6日間の停止による影響は「1日当たりの生産台数から計算すると7万7000台規模の減産となる」(読売)とみられる。また、毎日は、トヨタ紡織、豊田自動織機、ジェイテクト、アイシン精機、デンゾーなどトヨタグループの主要部品メーカーも「トヨタ向けの生産ラインを8日から休止させるなど対応に追われている」と伝えた。

日経も「影響広がる」とのタイトルで、一部の販売会社は人気車種の『プリウス』などで納期が「7~10日遅れることを購入者に通知」。そのプリウスは、現在、納車まで6~7か月かかる人気だが「さらに遅れる見通し」と報じた。

トヨタ株の動きにも影響が出ている。先週末に発表した第3四半期決算(4月~12月)では最高益だったものの、業績の先行きを懸念した売りが膨らんで「一時300円安の6325円と大きく値を下げ、昨年来の安値を更新した。「株式相場全体が上昇する中、トヨタは逆行安となった」(日経)。

しかも、追い打ちをかけるように再び、為替相場は円高基調にあることも懸念材料だ。ニューヨークの円相場はトヨタの想定為替レートの1ドル115円台まで上昇している。

そんななか、明るい話題といえば、トヨタ労組が16年春闘で要求する一時金は「組合平均で年258万円超」(朝日)という。リーマン・ショック前に並ぶ過去最高の水準になるそうだが…。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. ポルシェのルマン総集映像、トヨタに敬意[動画]

    ポルシェのルマン総集映像、トヨタに敬意[動画]

  2. 【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

    【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

  3. 女子高生が S660 で超絶テク披露…史上最強の「試乗女子」

    女子高生が S660 で超絶テク披露…史上最強の「試乗女子」

  4. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『SUBARU BRZ GT GALS BREEZE』

  5. 【ルマン24時間 2016】トヨタ、5号車ストップの原因はターボ吸気ダクトの不具合

  6. 超絶テク披露の試乗女子「実はドリフト走行、初めてです」

  7. 【鈴鹿8耐】Amazon、初のイベントブース出展…特集ページもオープン

  8. ダッジ バイパー ばかり、買いも買ったり79台…米国の夫妻が話題に

  9. 【ルマン24時間 2016】トヨタ、逸勝トラブルの真因究明中…今季WEC王座戦線のカギは信頼性か

  10. 【ルマン24時間 2016】1966年優勝の フォードGT、フルレストア

アクセスランキングをもっと見る