ホンダのインド販売6.5%減、3か月連続で減少…1月

自動車 ビジネス 海外マーケット

ホンダ シティ
  • ホンダ シティ
  • 新型ホンダ ジャズ(日本名:フィット)
  • ホンダ アメイズ
  • ホンダ ブリオ
  • ホンダ モビリオ 新型
ホンダのインド現地法人、ホンダカーズインディアリミテッドは2月3日、1月のインド新車販売の結果を明らかにした。

同社の発表によると、1月の総販売台数は、1万7135台(輸出を除く)。前年同月比は6.5%減と、3か月連続で前年実績を下回った。

1万7135台の内訳では、小型セダンの『シティ』が8037台で、4か月連続の最量販車に。新型を投入した『フィット』は4709台で、2位に浮上。コンパクトカーの『アメイズ』が3471台で、3位に後退した。以下、『ブリオ』が396台、『CR-V』が81台。

また、2014年7月にインド市場に投入された新型『モビリオ』は、441台を販売。また、1月のインドからの輸出実績は、400台だった。

ホンダの2014年度(2014年4月から2015年3月)のインド新車販売は、18万9062台と新記録。前年比は41%増と大きく伸びた。2015年4月から2016年1月は、前年同期比8%増の16万1609台を売り上げている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

    イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  2. 英自工会、EU離脱に声明…「政府は英自動車産業の利益保護を」

    英自工会、EU離脱に声明…「政府は英自動車産業の利益保護を」

  3. ロードスター×もみじ饅頭、広島を代表する商品がお土産でコラボ

    ロードスター×もみじ饅頭、広島を代表する商品がお土産でコラボ

  4. 三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種

  5. 【ものづくりワールド16】1周0.2秒差をつけるDLC技術…アイ・シイ・エス、F1マシン用ギアを展示

  6. 日産 スカイライン のリコール、米国に拡大…次世代ステアリングに不具合

  7. 自動車ブランドのサーブ、消滅へ…70年の歴史に幕

  8. 三菱自、ラインオフは5台程度...益子会長

  9. 【ものづくりワールド16】旭硝子、スマートウォッチを利用した現場効率化ソリューションを提案

  10. トヨタ、動向注視しながら影響を検証…イギリスEU離脱

アクセスランキングをもっと見る