ホンダのインド販売6.5%減、3か月連続で減少…1月

自動車 ビジネス 海外マーケット

ホンダ シティ
  • ホンダ シティ
  • 新型ホンダ ジャズ(日本名:フィット)
  • ホンダ アメイズ
  • ホンダ ブリオ
  • ホンダ モビリオ 新型
ホンダのインド現地法人、ホンダカーズインディアリミテッドは2月3日、1月のインド新車販売の結果を明らかにした。

同社の発表によると、1月の総販売台数は、1万7135台(輸出を除く)。前年同月比は6.5%減と、3か月連続で前年実績を下回った。

1万7135台の内訳では、小型セダンの『シティ』が8037台で、4か月連続の最量販車に。新型を投入した『フィット』は4709台で、2位に浮上。コンパクトカーの『アメイズ』が3471台で、3位に後退した。以下、『ブリオ』が396台、『CR-V』が81台。

また、2014年7月にインド市場に投入された新型『モビリオ』は、441台を販売。また、1月のインドからの輸出実績は、400台だった。

ホンダの2014年度(2014年4月から2015年3月)のインド新車販売は、18万9062台と新記録。前年比は41%増と大きく伸びた。2015年4月から2016年1月は、前年同期比8%増の16万1609台を売り上げている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. メルセデス SLK、米国でリコール…ヘッドライトに不具合

    メルセデス SLK、米国でリコール…ヘッドライトに不具合

  2. ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

    ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

  3. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

    三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  4. テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

  5. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  6. 村田製作所、車載カメラに最適な巻線インダクタを商品化

  7. バス乗車券の予約から乗車券提示までスマホアプリで---「BUS PAY」提供開始

  8. GM、タカタ製エアバッグで追加リコールの可能性…最大430万台

  9. シャープ、交通監視用カメラ向け4/3型CCDを開発…業界トップクラスの感度実現

  10. テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら