「丸亀製麺」のアジア戦略…マレーシアのヌードルショップを傘下に | レスポンス(Response.jp)

「丸亀製麺」のアジア戦略…マレーシアのヌードルショップを傘下に

エマージング・マーケット 東南アジア

【マレーシア】焼鳥店「とりどーる」、讃岐うどん専門店「丸亀製麺」などを展開するトリドール(神戸市)は5日、マレーシアでヌードルショップ「ボートヌードル」を展開するウルトラ5フード・アンド・ビバレッジに出資し、グループ化すると発表した。

 2025年末までに東南アジアを中心に1000店舗体制の構築を目指す。

 「ボートヌードル」はタイの水上マーケットで働く人たちが日常的に船の上で食べていた小さなスープヌードルがルーツ。船上で手軽に食べられるサイズのヌードルを日本の回転ずしの要領で、自分が食べたい分注文し、食べ終わった器を積み上げながら食べ進める。1杯1・9リンギ(約53円)。東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国で展開する「丸亀製麺」は日本同様、約300円程度でうどんを提供しており、「ボートヌードル」のグループ化で、新たな客層の取り込みを図る。「ボートヌードル」は豚肉を使わないため、ハラル認証(豚肉やアルコールを含まないなどイスラム法に則って処理された食品に対する認証)を取得し、イスラム圏での展開も目指す。

「丸亀製麺」のトリドール、マレーシアのヌードルショップチェーンをグループ化

《newsclip》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品