ジャストシステム新社長は、キーエンス出身の関灘恭太郎39歳

エンターテインメント 話題

 ジャストシステムは8日、代表取締役の異動について発表した。3月1日付で、現・取締役 事業企画部長の関灘恭太郎氏が、新たに代表取締役社長に就任する。

 関灘恭太郎氏は、1977年生まれ。2000年4月にキーエンスに入社し、2009年6月よりジャストシステムの取締役を務めている。同社は2009年以降、事業構造の改革、新規事業分野への参入を進めており、社長交代は、さらなる企業価値の向上が狙いとしている。

 現・代表取締役社長の福良伴昭氏は、取締役となる。

 なお同社は8日、2016年3月期第3四半期の決算もあわせて発表。売上高は127億1400万円で前年同期比3.8%増、四半期純利益は29億4100万円で前年同期比23.0%増となっている。同期の営業利益・経常利益・四半期純利益は、いずれも株式上場以来の最高益で、営業利益・経常利益については、18四半期連続で過去最高益を更新中とのこと。

ジャストシステム、キーエンス出身の関灘恭太郎氏が新社長に

《冨岡晶@RBB TODAY》

《PR》関連記事

特集

おすすめの商品